川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第29話
 さて前回は真央やら記者が赤い盾に遂に接触。シフも攻めてきて大混乱に。
 そんな中、カイと接触して友人となったイレーヌがソーンに限界近くまで侵食されつつ現れました。

 個人的には是非ともイレーヌには助かってもらい、シフと小夜の共同戦線でもってディーヴァとそのシュバリエに対抗してもらいたいろか思いつつ今回の話に移るわけです。
[BLOOD+ 第29話]の続きを読む
スポンサーサイト
涼宮ハルヒの憂鬱 第4話
 さてはて今回いきなり野球というわけで、前の話から時系列的に一つも繋がっていないというわけで、いきなり部員が増えててなんだかなじみきっているわけで普通に混乱する絵面。

 またか監督ぅうううううううううううううううううううう(汗

 またもや原作呼んでいる人はついていけるけど読んでいない人は普通に混乱する展開ですよΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 ちなみに前回の話とは繋がっておりません。
 というか次が前回の続きになるんですか。キョン君も次回予告で言っていましたが、ややこしいっw

 まあしかしここでユキが高速言語となえていたり、巨人が一瞬だけ描写されたりネタバレしすぎですぞ監督w
 これ演出と読んで良いのでしょうかねぇ、色々と楽しかったところもありましたがw

 ではまあこんなところで|λ、、、
うたわれるもの 第4話
 うたわれるものOP「夢想歌」
 とりあえず購入予定。 

 さて、前回にてオボロが領主廷襲撃、しかしそこを守る戦士ベナウィの反撃によって失敗し、その傷ついた彼をかくまっているとして藩主・ササンテが村に来訪してきたわけですが、どんどんきな臭くなってます。

 で、そんなこんなな今回。

[うたわれるもの 第4話]の続きを読む
だぁあああああああ
 土曜日の新番組全部見逃したぁああああああああああorz

 しかも録画予約したと思いこんで実はしていなかったというパターンでorz

 うぅむ、無念|λ、、、、、
BLOOD+ 第28話
 さて、なんだかリクまでシュバリエ化して一人取り残されるような形になって戸惑うカイが、シフのイリーナと接触し、その素性を聞き和解の道を模索し、イリーナをどうにか救おうと決心したのが前回まで。


 今回は遂にあの二人が到達しておりました。

[BLOOD+ 第28話]の続きを読む
涼宮ハルヒの憂鬱 第3話
 さてはて、第1話が妙にインパクトに残る、か、大丈夫かこれは、の2択に分かれそうに思えた展開だったのが第2話見て妙に面白く感じ始めた涼宮ハルヒの憂鬱第3話。
 前回はハルヒの性格やらなにやらからキョンの立ち位置、SOS団メンバー集結とその結成に至るまで。
 という感じでした。

 で、今回のお話。
[涼宮ハルヒの憂鬱 第3話]の続きを読む
うたわれるもの 第3話
 なんだかんだとしているうちに1話と2話飛ばして3話からの感想ですorz

 まあ簡単なあらすじとしては獣耳や尻尾の生えたアイヌ風味なエルルゥ達民族の住む村に、大怪我を負って記憶まで失った主人公が助けられたことがことの始まりだったわけですが、この主人公鬼を模したらしき面を被っているわけで、この辺が記憶がないことと関係していそうな気がするのですがそれはおいおい明かされていきそうな感じです。

 それはともかく世界観的にはエルルゥ達の容姿からして少々特殊なものらしく、白い鋼のような毛皮を持つ虎を森の主として崇めていたり、まじないやら藩主やらと、少々古めかしい雰囲気を持った神話っぽい感じです。

 とりあえず全体的雰囲気としては、見えない軋轢に耐え、抗いながら暮らしていく、という感じなので、そういった話が苦手な人には厳しいかも知れません。

 でまあそんなところで今回の感想にうつります。
[うたわれるもの 第3話]の続きを読む
びんちょうタン&BLACKCAT 最終話
 いやはや遂にこの二つも最終回。というかびんちょうタン短いよ、短いよびんちょうタンorz

 15分構成×12話ということで実は6週間だけだったという計算になるんですかね、びんちょうタン。

 まあそれはともかくこの二つともが最終回だったわけですよ。
[びんちょうタン&BLACKCAT 最終話]の続きを読む
BLOOD+ 第27話
 動物園にてディーヴァに血を吸われて瀕死に陥ったリクに『血分け』を行い、謎の吸血鬼集団『シフ』の襲来により、リクがシュバリエ化したのを改めて確認したのが前回。

 今回はカイや『シフ』メンバーのイレーヌ中心のお話でした。

 
[BLOOD+ 第27話]の続きを読む
今期の作品群一巡? ですかな
 さてはて、今期のアニメはその数60↑と言われるほど大量に始まったりしているわけですが、まあ数字を見ただけでも幾らなんでもやりすぎだろうと思ってしまうほどに恐ろしいわけで。
 まあしかし本当に恐ろしかったのは同じ曜日の同じような時間帯に何作品も集中してしまっていることですが。
 おかげで切らねばならないアニメの数が山ほど。
 最近続々と発売され始めた裏番組も同時録画できるDVDレコーダーを使っても全部は見れないわけです、はい。
 まぁ、私はビデオ1台でやりくりしているので更に見れないわけですが・・・・・・orz

 えぇい、せめて時間ずらせ!ヽ(`Д´)ノ

 まあそんなことをしつつ、とりあえず見れたものだけ総評してみます。
[今期の作品群一巡? ですかな]の続きを読む
涼宮ハルヒの憂鬱 第2話
 さて、第1話からいきなり方向の違うキャラクター紹介的お話(?)という少々困惑する代物だったわけですが今回から普通に順序良く時系列に添ったお話。

 まぁ、あの第1話は結構賛否両論あったんじゃないかなーとか思っちゃったわけで原作知っている身としては心配でならなかったわけなんですが、それはまあおいといて第2話という名の涼宮ハルヒの憂鬱編第1話目。

[涼宮ハルヒの憂鬱 第2話]の続きを読む
びんちょうタン 第5話
 まあなんだかんだと最近ではBLACKCATを追い抜いて個人的注目度No1に躍り出ちゃっているわけですがびんちょうタン。
 どうも最近の私はARIAとかまほらばとかあずまんが大王とかのようなぬるーいアニメにハマる傾向にあるようです。

 ともあれ、どうやら前回のアロエ登場で主要人物は全て出揃った感じのようで、今回はそれらキャラをちりばめたお話になっとりました。
 いやしかし、前回にてびんちょうタンと合流したくぬぎタンですが一体どういう友人関係を築いているものかと思えば、字を教えてもらっているとはっΣ( ̄□ ̄;;)

 なんだか戦国時代とかを思い出す友人関係です。
 微妙にシュールだと思った私の脳みそはこのアニメ以上にぬるいのかも知れません。

 まあしかし、寄せていただいたコメントに因ると9話までの放送なんですよねぇ、、、これorz
 色々な感想サイト回っていると、最近これと同じよーな話が多いようで、最終話はDVDだから見れない、と言うような文をそれ程多いわけでもないですがちらほらと見受けられるように成っとります。

 今後殆どの作品がこの方式とってきたらどうしましょうかねぇ。
 とりあえずレンタルビデオ店の会員になっときますか(ノ∀`)タハー
 まぁ、扱っていない可能性もあるんですがねぇ|λ、、、

 ではまあ今回ここまで。
BLOOD+ 第26話
 瀕死のリクを助けるためにやむを得ず自分の血を分けて彼をシュバリエにしてしまったり、真央と新聞記者は動物園に辿り着いた後、更に小夜へと近づきつつあったり、『赤い盾』副官が何やら翼手側に寝返りそうな雰囲気をかもし出していたりと、色々と細かい動きがあったのが前回まで。

 今回はリクの変化に関するお話でした。

[BLOOD+ 第26話]の続きを読む
涼宮ハルヒの憂鬱 第1話
 えー、楽しみにしていた作品第一号です。
 第一号なのですが、、、、正直第一話から番外編的なお話(いや順序良く読めば涼宮ハルヒについて再確認できる強調的なお話なのですが。本来は)して原作を知らない人は一体どう言う反応をしてしまっているのかがものすっっっっっっごく、気になるのですがorz

 まあ、公式サイトからして今までにない発想をする監督であるとは思っとりましたが、さすがに予想外。
 ひょっとしたら今回のお話で簡単にそれぞれのキャラクターの紹介が出来ると考えたのかも知れませんが……まぁ、どういう紹介になっていたのかはこれからのお話をお楽しみに、ってことで。多分。
 

 とりあえず次週からは普通に展開するようなので、まあ判断を下すのはそれ以降って事になるんですかのぅ。

 ではまあ今回こんなところで|λ、、、
舞-乙HiME 最終回1時間スペシャル
 さてさて、最後の方はもうこれ以上ないくらいに急ピッチに色々詰め込まないと終わらないっぽい感じで話数が迫ってきていたがために色々嫌な想像を掻き立てられた昨今でしたが、遂に舞-乙HiMEも無事終了いたしました。
 これでまた幻の最終話がDVD最終巻に収録とか言われたら泣きますよほんと。
 
 まぁ、そんな最近のアニメの販売戦略に疑心暗鬼に陥りつつも最終回無事見終わりました。
 
[舞-乙HiME 最終回1時間スペシャル]の続きを読む
BLOOD+ 第25話
 動物園と呼ばれる場所にてソロモンと邂逅し、更にやってきたディーヴァとの邂逅も果たすものの、その力遥かに及ばず、血を吸わずにきた反動も現れ敗退を喫し、あわや命を奪われるすんでのところでハジの乱入、更にはディーヴァの余裕からからくも生き延びたものの、先に血を吸われてしまったリクを助けるために、かつてハジをシュバリエに変えてしまった自らの血を『血分け』をしてしまうことに…。

 というのが前回まで。

 今回はそんなリクの経過を見つつ『赤い盾』について説明されたお話でした。
[BLOOD+ 第25話]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。