川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第3話
 前回は

 C.C.をおびき寄せる餌として偽者の記憶を植え付けられ泳がされていたルルーシュは、C.C.によってギアスとともにゼロとしての記憶も蘇らされ、再びブリタニアへ反旗を翻す。
 合流した黒の騎士団の残党とともにバビロンタワーを占拠し、反抗作戦を開始するが、突如乱入したランスロット型の新型機によって卜部を失うことになる。
 しかしバビロンタワーの爆破に成功し、敵司令官を撃破。
 そのまま中華連邦領事館をギアスによって入手し、まんまと独立国家宣言を成功させた。

 というところまで。

 相変わらずサクラダイトという超エネルギーが猛威を振るってますが、ギアスもとことん反則的ですな( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで今回の話。
[コードギアス 反逆のルルーシュR2 第3話]の続きを読む
スポンサーサイト
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第二話

 さて前回は

 黒の騎士団による東京疎開襲撃失敗より時を経て、以前よりも更に迫害をされることと成った日本人"イレブン"。
 ルルーシュはアシュフォード学院の生徒として、ロロを弟に持つ兄として、ブラタニア人の生活を送っていた。ゼロとしての記憶をすっかり失って。
 しかしそれはC.C.をおびき出すための餌としてブリタニアに与えられた生活だった。
 バビロンタワーにて黒の騎士団の襲撃を受け、C.C.をおびき出す役目を果たしたと聞かされたルルーシュは、その混乱も冷めやらぬうちにC.C.により記憶を強制的に呼び戻される。
 それまでの生活が植え付けられた偽者のものであると知ったルルーシュは記憶とともに蘇った憎悪を再び燃やし、ブリタニアへの反撃を再開した。

 というところまで。

 とりあえずC.C.が最後に使っていたガウェインは残っていないようで。OPにも公式にも不在でしたね哀れ( つω⊂)
 まぁ、オレンジの安否もきになるところですが、きっと蘇ってくれることでしょうw

 そんなこんなで今回のお話。
 
[コードギアス 反逆のルルーシュR2 第二話]の続きを読む
コードギアス 反逆のルルーシュR2

 さて、関西方面ではまだそこそこ放送待ちな状態ですが、とりあえずルルーシュの第二期ということで感想開始ですよ。

 第一期の最後はゼロの正体がカレンとスザクにばれ、お互いに銃を打ち合って終了。C.C.はオレンジと心中。
 ゼロが遺跡のある島に行くことを優先したために黒の騎士団東京侵攻は失敗。
 スザクにはC.C.と同じような存在らしいのが接触した経緯あり。
 母親殺しの犯人は結局不明。
 それどころか母親が裏でかんでいた可能性まで出てきた。

 と、思い出しておくところはここまででしょうか。

 ではまぁ、第一話の感想といきますか( つω⊂)
 
[コードギアス 反逆のルルーシュR2]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。