川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第20話

 さて前回は
 
 フレイヤ弾頭によって政庁ごとナナリーも死亡してしまう。
 ナナリーの死という現実を受け入れられないルルーシュは、我を失ったまま母艦に連れ戻される。
 そしてそんな状態であったがためにシュナイゼルが母艦にやってくるという珍事を見逃し、そのまま黒の騎士団幹部を籠絡され、知らぬうちに裏切り者の名を着せられ、命さえ狙われることとなる。
 しかし寸でのところでロロがルルーシュを救出。ブリタニア軍と黒の騎士団が包囲する中からギアスを駆使して脱出。その結果、ギアスの酷使が原因でロロは息を引き取る。
 孤独となったルルーシュは、せめて自らの因業だけは終わらせようと姿を消した。

 というところまで。

 
 とりあえず黒の騎士団幹部連中でまとも、というか合理的な思考回路持ってたのって本当にディートハルトだけだということがわかる話でした( つω⊂)

 そんなこんなで今回の話。

[コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第20話]の続きを読む
スポンサーサイト
スレイヤーズ REVOLUTION 第8話

 さて7話見逃して8話も危ないところでした(;つω⊂)
 というか今見ながらかいてまs(ry

 まぁ、そんな感じで今回はあらすじ省略して本編へ。
[スレイヤーズ REVOLUTION 第8話]の続きを読む
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第19話

 スレイヤーズは結局見逃したと言うorz
 
 まぁ、それはともかく前回までのコードギアス

 スザクから裏切りを受けたと信じきったルルーシュは、自らの手でナナリーを保護するために東京疎開へ突入。
 旧世代のナイトメアフレームが使うエンジン活動を奪う装置により、圧倒的有利な状況を作るもナイトオブラウンズのブラッドリー介入により一転窮地へ。
 そこに、別働隊で動いていた咲世子により救出されたカレンが、ロイド達の趣味で以上に強化されていた紅蓮・八極式に乗って駆けつけたことで逆転。ブラッドリーを撃ち落し、スザクも追い詰める。
 死を覚悟したスザクは、しかしルルーシュに掛けられていた生きることを強いるギアスによって、搭載していた戦術兵器フレイヤを発射。驚異的な破壊力を持つフレイヤが撒き散らす光にまぎれて脱出する。
 結果、ナナリーがいたはずの庁舎もろとも東京疎開の大部分は消滅。
 ルルーシュは又一人大事な人間を失うこととなった。

 というところまで。


 とりあえずフレイヤは核兵器じゃなかったんですね( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。

[コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第19話]の続きを読む
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第18話
 さて前回は

 皇帝の生存を知ったルルーシュは、ナナリーの命が奪われることを恐れ、かつての親友であるスザクへとその庇護を求める。
 その一方で既に指導を開始していた日本進軍は国境にて激戦を開始。シンクーの指揮によりブリタニア軍を圧すものの、ナイトオブラウンドの参入により拮抗は徐々に崩れ始める。
 黒の騎士団はゼロの指示を必要とするも、ルルーシュは妹ナナリーのために一人でスザクと交渉を続ける。
 しかし、その交渉もスザクとルルーシュの関係から全てを見抜いていたシュナイゼル部隊の介入により決裂に終わる。
 シュナイゼルの介入をスザクの裏切りととったルルーシュは、最早自らを理解し味方するものの無いことを悟り、ナナリー奪還を強行することを決意。ギルフォードに予め掛けていたギアスを使いその場を脱出。
 ナイトメアフレームに乗り換え、黒の騎士団と合流し、一挙に東京へ進撃を開始した。

 というところまで。

 とりあえず完全に日本奪還作戦と銘打った妹奪還作戦です、本当に(ry

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。


[コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第18話]の続きを読む
スレイヤーズ REVOLUTION 第6話

 前回までは

 森を抜ける途中、深い霧に迷い込んだリナ達は、霧とともに現れた廃墟を発見する。
 そこでポコタは大昔に滅びたと言われていた魔道都市の生き残りであることを語りだす。
 しかし魔道都市は実際には滅びておらず、過去に原因不明の病魔に襲われた際に治療法が見つかるまで封印という形で眠りについていただけであった。
 ところが、封印を施したのは過去にシャブラニグドゥとしての覚醒を果たしてしまったために、巻き込まれる形で関わっていたリナが倒した赤法師レゾだった。
 動揺するリナたちの前に、魔道戦車を持ち出していたと言う虎の姿をした獣人と、武器商人を名乗る人物が現れ、更にゼロスまで加担していることが明らかになる。

 といったとこまで。


 
 すっかり忘れがちでしたがゼロスの本来の仕事ってクレアバイブルの写本を処分して回ることだったんですよねぇ( つω⊂)
 
 まぁ、そんなこんなで今回のお話。
[スレイヤーズ REVOLUTION 第6話]の続きを読む
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第17話

 さて前回は

 C.C.とルルーシュの抵抗により崩壊した世界にブリタニア皇帝は取り残されて出てこれないでいると確信したルルーシュは、ブリタニアへの反逆計画の肝へと段階を進める。
 天子を救ったことで盟約をえた中華連邦や、元々黒の騎士団へ兵器面で支援していたインド等を中心に、未だブリタニアに従わない國へ呼びかけ、超合衆国を結成。
 それら超合衆国参加国から武力を解除させ、統一戦力として黒の騎士団に戦力の全てを集中することで確固たる基盤を作り上げ、世界をブリタニアと二分し、総力戦にあたる作戦は成功。
 しかし、全ては順調に進んでいるとほくそえむルルーシュの前に再びブリタニア皇帝がその姿を見せたことで事態は一変する。
 既に自分の記憶が戻っていることを知られてしまっている以上、妹のナナリーの命を利用されることは必定という考えに追い詰められたルルーシュは、最後の最後にかつて友人であったスザクを頼ることを決意する。

 というところまで。


 とりあえずスザクは偽ったり策を弄するのはどう考えても不得意。というか完全に脳筋(ry


 ルルーシュってスザクを理解してるのかしてないのか分からないところありますよね( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。
[コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第17話]の続きを読む
スレイヤーズ REVOLUTION 第5話

 さて前回は

 ポコタの破壊活動の目的が魔道戦車の悪用を防ぐためであったと聞いたアメリアは、ポコタの活動を正義だと断言し、ついていくことを決める。
 一方、リナはガウリィとともにポコタをおびき寄せるためにハリボテの魔道戦車を作り待ち構える。
 そうとも知らず、まんまとハリボテの魔道戦車におびき寄せられたポコタとアメリアは、中に人がいるなどと思いもせず本気の攻撃を開始。
 リナはリナで何故アメリアが一緒になって攻撃してくるのかと戸惑うものの、途中から本気の反撃に転ずる。
 すっかり目的やら何やらを忘れた一向は、暫く本気の攻防を繰り広げた後、最後はコンビネーションを決めたポコタとアメリアの勝利に終わった。

 というところまで。


 とりあえず毎回目的忘れて好き放題暴走しまくってるか、好き放題やってるようで目的に向かってるかのどっちかですねこの作品( つω⊂)

 てなところで今回のお話。
[スレイヤーズ REVOLUTION 第5話]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。