川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 第8話
 2週が経過しようとしてた(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 …うわぁ

 とにかく前回までの話

 曖昧だった過去の記憶を取り戻したアレルヤは、幾度となく戦地で見えたソーマ=ピーリスが自分の探していたマリーという人物であると確信する。
 超兵としての自分に追い詰められていたピーリスは、アレルヤの呼びかけにも反発し、ガンダムを機能停止に追いやるがそのまま道連れに墜落し、行方不明となる。
 一方でMr.ブシドーの戦闘力におされ、静止されていたトランザムを使用した刹那は、オーバーロードによって敗北を喫してしまう。
 しかし様々な抵抗やタイミングもあり、アロウズは撤退。
 どうにか生還した刹那たちは消息不明となったハレルヤを捜索。

 そのアレルヤは無人島にてソーマ=ピーリスとマリーの記憶の間で揺れる彼女をマリーとして覚醒させることに成功。
 彼らを発見し現れたセルゲイは、養女として迎えるはずだったピーリスが既にないこと、そしてマリーとしての彼女がアレルヤと行くことを望んでいると悟り、立ち去る。

 そしてティエリアは、リディアと名乗る、自分と同じ顔の人物から計画の全容を聞かされる


 というところまで


 とりあえず年をとらないのはそういう特殊な処理を遺伝子単位でされた人種だから、と言うのは分かりましたが、SEEDのコーディネイターと色々かぶr(ry

 まぁ、そんな感じで今回の話
[機動戦士ガンダム00 第8話]の続きを読む
スポンサーサイト
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話
 前回の話と今回の話を見た日がほぼ同時になってしまtt(ry

 まぁ、今更5話の話をするのもアレなのでとばして6話にします(´・ω・`)


 つうわけで前回までは

 ソレスタルビーイングから反連邦組織カタロンに預けられたサジは、自らが既にそちら側の人間であるという事実を認められず、無断でアジトを飛び出し、そこを連邦の空中艇に捕縛されてしまう。
 尋問を受けるうちに現れたセルゲイを信じ、みずからの身の安全と嫌疑の解消を条件に促されるまま全てを話してしまう。
 しかしその話を聴いていた同部隊の兵士が独断で本部に連絡。
 結果、サジは自らの嫌疑の解消も果たせず逃げることとなり、カタロンアジトでのアロウズの大量虐殺に加担しただけという結果に終わる。

 というところまで。


 サジがどんどんただのダメ人間の仲間入りをしていく…(´・ω・`)

 つうわけで今回のお話。
[機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。