川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第38話
 珍しくお誕生日会という和やかな話になっているなと思っていたらシフ量産型を引き連れてきたカールの手によってあわや惨殺パーティになりかけたのをいつの間にかしっかり共闘戦線を作り上げていたらしいシフと協力してカール含めて全滅させたのが前回。

 どっちにしろ血なまぐさい話でしたがまぁ、そこはそれ、タイトル通りということで。

 そんなこんなでようやくディーヴァのシュバリエが一人減ってからの今回のお話。

 今回は前々回でジェームズとの決闘の後、ソロモンがいつものように情報をリークしていったディーヴァ滞在場所に攻めこんどりましたが、そこはそれすっかり謀略家が板についているアンシェルのこと、やっぱりというかなんというか偽情報でジェームズとシフ量産型が待ち伏せていると言う始末。

 しかし確かシフ量産型とシフの実力は、1対1では量産型が上回るものの、2対1になるとシフに軍配が上がるという微妙なものだったはずですが、なんだか今回3対5だったのにシフが互角に戦っとりましたーよ。
 まぁ、結局強いのか弱いのか最近良く分からないハジが手を貸して撃退してましたが(ノ∀`)

 他のシュバリエ戦のときにもそれくらい活躍してくれれば……(ノ∀`)タハー

 で、ジェームズ。
 今回は前々回劇場で戦ったほどの勢いはあらず、多勢に無勢もあったんでしょうがあろうことかカイやデイビットの銃撃まで喰らってしまう始末。
 目にも留まらぬ瞬間移動も出せずに最後はソロモンにまで裏切られてまっさかさまですよ。哀れジェームズ(ノ∀`;)

 カールに引き続きジェームズまで。
 とりあえずソロモンはいい加減ちょっとひどすぎやしないか、と思っちゃうわけですが、どれだけ小夜の味方しててもディーヴァの命が関わるとディーヴァを守らざるを得ないはず奈のですがその辺彼はいったいどうするつもりなのか(ノ∀`)
 まぁ、多分最後はアンシェルに斬られるんでしょうけどっ(何
 

 そんなこんなでなんだか最後にカイが思い切り死亡フラグ立てて終わってたようなところに無償に不安を覚えつつ、今回ここまで|λ、、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/104-b7495d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 16 / 萌え評価 12 / 燃え評価 21 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 100 / お色気評価 16 / 総合評価 33レビュー数 95 件 小さな集落の廃墟が海側にひとつあるきりの無人島でディーヴァのプロモーション制作が企画されている、との岡村と真央の情報を元に、デヴィッ
2007/10/04(木) 18:52:37 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。