川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第39話

 さて前回はまたもやソロモンがでてきてシュバリエの3男、ジェームズが脱落。
 なんだか小夜ってソロモンなしで今までシュバリエ倒してないなー、とかわりと致命的なこと思いつつ今回のお話。
 
 さてなんだか毎回出てくるこのカイが世話になっている家の家族ですが、幸せそうにしていればしているほど妙に来るべき死亡フラグに備えているとしか思えないんですがどうしましょう(ぉ


 まぁ、それはともかくジュリアさん再登場。
 最初の頃はジュリアさんのデイビットへのアプローチが全然通じてないところで爆笑したりしていたのが懐かしいほどに登場回数が減っちゃったわけですが。
 まさか敵側でずーっといるとは。
 まぁ、ここから赤い盾に舞い戻ろうとしたら絶対にコリンズあたりに射殺されると思うのでぜひとも身の安全を第一に大人しくしていて欲しいわけですが。頼みますよ監督

 で、本格的に赤い盾として活動を再開したジョエルですが、車椅子に乗ってるのにアンシェル相手に威風堂々とした、まさにトップとしての風格。
 小夜いないだけで飲んだくれた後ろの手押し係りとはえらい違いです。頑張れデイビット(ノ∀`)

 そして毎度毎度カイは死亡フラグ連打しまくるよーなことを言いまくってるわけですが、なんだかんだでリクの二の舞にならんかと見ているこっちはひやひやですよ。
 早いところシュバリエにならないかなぁ(ぉ

 まあそんなこんなで次回ニューヨーク決戦。
 なんだかアンシェルが不穏なこといってましたーよ。
 ついにソロモン死亡か(;´д`)
 しかしそうなってもアンシェル一人で赤い盾くらい全滅させれそうなパワーバランスはそのままなわけで。
 こっからどう打開するのやらって毎回こんなこと言ってますなw

 まぁ、今回ここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/107-c39d29ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 11 / 萌え評価 20 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 49 / お色気評価 18 / 総合評価 20レビュー数 131 件 クリスチーナ島での戦いの後、一旦ロンドン郊外のグレイ宅に戻った小夜とカイは、ハヴィアやナハビにせがまれ、共に釣りに出かけることに。のど
2007/10/03(水) 19:38:12 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。