川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うたわれるもの 第15話
 さて前回は遂に決死の覚悟で以って本国を囮にし、ハクオロ率いる主力部隊で敵本国強襲、というところまできましたよっ。

 まぁ、今までニウェは出てきたは良いが途中で別国との戦いが始まったりトウカが敵としてでてきたりとここまで長かったですがようやく決着編です。

 それはともかくニウェ配下のなんか偉そうな三人組……

 「我らは三人そろってからが本領発揮よ」

 って、
 それ一人じゃ何もできないってことですからっ!!Σ( ̄□ ̄;;)

 そんなことを一人相手に居丈高に叫ぶのもどうかと思います、まる。

 まぁ、そんなあからさまに三下な指揮官ですがジェットストリームアタックにはウケました。
 三人組のお約束ですやね(ノ∀`)

 しかしカルラさん、二人無視してひとりを倒すっておっとろしいことを平然とするあたりそこに惹かれる憧れる……嘘ですごめんなさい。
 とりあえず元来た国から怪物扱いされてたのは怪力ってだけじゃなかったんだなぁ、と認識。
 
 で、怪物と言えばハクオロ。
 前々回で黒い影に覆われていたもののまさに怪物の姿を垣間見せていたわけですが、今回はよりはっきりとシルエットがっ。

 今までは特にそんな現象が現れなかったあたり、どうも生命危機に対して起こるのではなく感情的に激昂するとタガが外れるように姿を現す感じのようですが、服が破れてなかったりすぐにもとの姿に戻ったりする当たり、どうも肉体的変化ではなく、非物質的なものを受肉する、という感じのようです。
 いちいち破れた服をを取り替えたりする手間がなくて便利ですね(何


 まあそんなこんなで白い羽の呪術師っぽい人もあまり絡んでこず、結局ニウェがぼこぼこに引き裂かれて終了しました。
 どうもハクオロの正体については今後も事件を引き起こす原因となりそうです。

 次回は戦禍の後、ちょっとした休息的+次への展開的お話のようです。

 ではまあ今回こんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/113-422567dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。