川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うたわれるもの 第17話
 前回でシケルペチム戦の事後処理も終わり、カミュになんだか秘密があることが発覚。
 更にはトウカと同じエヴェンクルガ族のゲンジマルが現れ、クンネカンムの王・クーヤと引き合わせられると、結構ゆったりながらも新展開への兆しを色々と見せておりました。

 でまあ今回の話ですが
 なんかトウカ壊れてたぁああああああああΣ( ̄□ ̄;;)

 いやはや、男勝りの女性とかに良くある、我を忘れるほど可愛いものが大好き、を持っているとは……あずまんがの榊さん系でしたか(ノ∀`)タハー

 いつもは頑固で理詰めなのにあれだけ取り乱すのは面白かったり。
 いやはや、良いキャラです(ノ´∀`*)

 そして、なんだかベナウィが執政してましたーよ。
 ハクオロすっかり要領の良い王様になっちゃって(笑
 まぁ、ベナウィはそんな受難のせいでか今回それしか出番がありませんでしたーよ。
 ベナウィ、不憫な子。・゚。・゚・(ノД`)ヽ

 で、そのベナウィに前回勝負で負けちゃった子なオボロも今回妙に悲惨でしたが……w
 恐ろしくまずそうな薬を前に落ち込むエルルゥのために無理やり薬を飲まされたり、妹の病気を治すためにしようとしたことで妹本人に嫌われたり……一番好きなキャラかもしれません(ノ´∀`*)
 
 そしてまぁ、前回最後に登場したクンネカンムの王・クーヤの素顔がご開帳。
 初め見たとき「セイバァアアアアアアアアアアアアアアアアアΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)」とか叫びそうになりましたーよ(近所迷惑

 いやはや、女性とは予想しておりましたがまさか金髪であるとは(ノ∀`)

 とりあえず彼女の目的はあんまりわかっていませんが、ひとまずそれはおいておいて次回はカルラそっくりの男性が登場するようなのでカルラの出生が微妙に関わっているっぽい話のようです。

 ではまぁ、今回こんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/121-0777a10f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。