川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルトネリコ
 先日どうしても気になっていたアルトネリコなるゲームを買ってまいりました。リンク先は公式ページです。

 で、このゲーム発売はバンプレストとなっておりますが開発はガスト。ガストといえば私の中ではアトリエシリーズが最もポピュラーだったりするわけですが、その前にもファルカタとかクセはあるもののなかなか面白いゲームとか出してました。
 まあ個人的に応援し続けているゲーム会社なわけですが、アルトネリコはその新シリーズ作品なワケです。
 しかしまあガスト作品といえば個人的には期日制限があるゲームが多かったがために完全に要素を楽しむ前にどうしても終わってしまうということで面白いとは思うけれど不完全燃焼が多かった感じなわけで、アルトネリコもその辺覚悟してプレイに臨みました。

 とりあえず期日制限はなし。
 一安心したところでプレイ。
 さすがに詩を題材にした作品なだけに音楽は秀逸。
 CMでもその辺は感じられましたがこれはサウンドトラックでたら思わず買ってしまいそうです。というか買います

 ゲーム性としても今までのRPGはどうしても戦士が主役で魔法使いは結局単なる回復役か補助役かになりさがって多くの説明書に明記されているような攻撃特化型ではいられなかったりが多かったわけですが、これは完全に詩魔法が主役。
 戦士というか前衛は攻撃もしますが盾として完全に機能していたりします。
 これは魔法使いスキーとしてはたまらない要素。
 まぁ、現在その前衛が結構ひ弱だったりするのでわりとばったばった薙ぎ倒されて詩魔法のチャージが終わるのを必死に待ち続ける時間が苦痛な時も有りますが、一旦魔法をぶっ放すと敵が一瞬で消えたりと結構爽快だったりするので許せます。
 ただまあチャージすればするほど魔法のグラフィックが変わる部分、もっとバリエーションを広げて欲しかったり、戦闘が派手になればなるほどラグがとんでもないことになってせっかくの演出部分がまともに見れないところがあったり、改善して欲しい部分は結構有りました。そこが残念といえば残念。

 で、このゲームもう一つのウリであるパートナーの深層世界(コスモスフィア)へのダイブ。
 最初は結構ばかばかしい話が展開されたりもするのですが心理の奥へ進めば進むほど描写が生々しくなってきたりとわりとしっかり作られていました。この部分もストーリーを知る上で結構重要だったりするわけですが、なんというか主人公の声が妙におかしかったりするせいで感情移入し切れなかったのが悔やまれますねぇ。次回はもちっと普通に喋れる方を選出して欲しいところですorz

 まあそんなこんなで今ようやくフェイズ2を進めているところです。
 フェイズがいくつあるのかわかりませんがまあなんだかんだ面白いので長く遊ばせて貰いたいところですねぇ。

 ではまあそんな感じで支援しつつ布教活動
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/13-19a63bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。