川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 46話
 さて前回は小夜がソロモンのところから帰ってきたと思ったらシフの目玉むき出し少女ことルルゥが沖縄に行きたいとか全てが終わったらとか死亡フラグ立てまくっていたのにもかかわらず結局死んじゃったのはカイを殺そうと追い掛け回した挙句最後は微妙に耽美系だったモーゼスとカルマンが死んでしまった、というそんなお話。

 未来形の話はBLOOD+ではタブーもタブーと思っていたら他の人間が死ぬという微妙に変化球投げてきましたーよ。
 しかしこの死亡フラグはルルゥ本人の立場を考えたらひょっとしたら自分が死ぬより不幸なフラグ消化の仕方だったのかもしれません。

 ……ルルゥ強く生きろ。後ついでにカイも(´・ω・)

 そんなこんなで不幸が加速しつつも今回のお話。
 とりあえず今回はハジが微妙に微笑ましい役割だったりしたわけですが。小夜命令とはいえ家に一人残されてオロオロしていた表情が微妙に微笑ましさを増大させてました。
 つーか押しの強い謝花真央と小夜以外のことではとことん受動的なハジのツーショットは案外良い感じなのかもしれません。もっとやれ(ノ´∀`)ノ

 で、そんな微妙に和やかなムードだった小夜陣営とは対照的にディーヴァのところは妙にギスギスとした雰囲気でお送りされとりました。
 シフ量産型の身体を移植して不安定な状態ながら生き延びたジェイムズはディーヴァに見捨てられて自暴自棄になったままなのか姿が見えないし、そもそも普段何してるかとことんわからないアンシェルも影も形も無かったし、ソロモンなんて小夜にディーヴァを殺す宣言までしていたというのに結果はボロ雑巾
 ネイサンも呆れ気味。
 
 とまああれほど堅固だったディーヴァ陣営も今や空中分解寸前な趣。
 微妙に小夜陣営にも勝ちが見えてきたかと思ったものの、アンシェルの計画の内容が明らかになって時間の無いことが明らかになるわ、未だに個人技で圧倒敵過ぎるまでに負けているのわでやっぱりどうしようもなく絶望的状況は変わらずのようでorz

 やっぱり赤い盾総シュバリエ化計画しk(ry

 そんなこんなで結構クライマックスに向かいまくっている今日この頃。次回……なんとかなるのかこれ(;´д`)

 ではまあ今回はこんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/133-870fca66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
BLOOD+(10)約束して欲しいの私が全てを終わらせたら・・・。確実に近づく小夜の眠りの時、しかしアンシェル達の計画は確実に進行していました。かつてハジにと交わした約束を思い出しディーヴァ討伐への意志を強くする小夜。一方、傷心のソロモンの前にネイサンが訪れま....
2006/08/29(火) 22:38:41 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 14 / 萌え評価 27 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 42 / お色気評価 20 / 総合評価 21レビュー数 96 件 ネイサンに付き添われディーヴァの前に現れたソロモン。右手をブレードに変えたソロモンは、ディーヴァに斬りかかる。一方、ディーヴァのD塩基の
2007/09/17(月) 17:03:03 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。