川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第49話

 さて前回は遂にディーヴァとアンシェルによる世界翼手化計画実行。
 ソロモンは結局死んだのか出てこないわアンシェルはディーヴァを独り占めにしたいだけだったわ、色々と人間像の分かる感じの話でした。

 まぁ、何故にハジがアンシェル押さえ込めてたのかが謎でしたが(´・ω・)

 そんなこんなで今回のお話。

 全力出すって言っといて結局美形度落とさない程度の変身かいハジッ!!!!Σ( ̄□ ̄;;)

 相変わらずあざといです。
 いや、さすがBLOOD+美形界最後の砦というべきでしょうか。
 とにかく顔は死守。

 で、そんな美形パワーを発揮したハジにアンシェルは、圧倒的な力でロシア編に君臨したアンシェルが、なんともあっさり負けてしまったわけですが、やはり敗因はもともと美形パワーの少なかったアンシェルがおなかでっぷりの翼手姿になってしまったことでしょうか。
 アンシェル、あれじゃ女性人気は取れない……(´Д⊂

 そしてまぁ、同じく動物園では小夜を圧倒していたはずのディーヴァも今回は何故か小夜と互角の戦い。
 さすがに出産後は体力も落ちるのかと常識的なこと考えたりもしていましたが、本当に出産すると血の力が失われてしまうらしく、小夜との最後の相討ちで小夜の体は崩壊することなく自分だけ崩壊してしまってました。
 ひょっとしてこれまでシュバリエ達が数々の敗北を喫してしまったのは主であるディーヴァの妊娠による弱体化が原因だったのかもしれません(´・ω・)
 
 で、最後のシュバリエ・ネイサンはようやく今回翼手の姿を披露してくれましたがなんともチュパカブラというかタコ頭というか独特な姿をした翼手でした。
 そういえばアンシェルは変身能力、ジェイムズは頑強な身体、ソロモンは鋭い切れ味を持つ腕、とそれぞれひとつづつ特徴を持っていたわけですが、ネイサンは一体なんだったんでしょうか。謎のまま終わってしまいました(´・ω・)
 そういえばカールも何かあったのだろうか……。

 まぁ、そんなこんなで遂に決着がつき、後はあどけない笑顔を見せる赤ん坊を切り殺すだけというどうにもお茶の間の奥様方の反応が心配な決着をつけるだけ。

 ……大丈夫かこれorz

 まぁ、その辺は駆けつけたカイならなんとかしてくれる! ……はず。

 ではまぁ次回最終回を期待しつつ今回ここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/142-7492fff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
BLOOD+(10)対峙する二人、小夜とディーヴァ。戦場と化したこのオペラハウスこそ決戦の地にふさわしい・・・。身構える二人が、激しく斬り合うのはもはや必然の流れであるのでした・・・。一方、小夜とディーヴァ、二人のシュヴァリエによる戦いもここに始まろうとしてい....
2006/09/19(火) 20:10:01 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 22 / 萌え評価 20 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 44 / お色気評価 11 / 総合評価 22レビュー数 106 件 戦場と化したオペラハウス。その舞台では、戦う二人の女王・小夜とディーヴァの刀が激しくぶつかりあう。一方、舞台袖ではハジとアンシェル、二
2007/09/14(金) 22:05:59 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。