川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス 反逆のルルーシュ 第8話
 さて前回は、無事生徒会に迎えられたスザクは平和なままに、コーネリアの挑発によりおびき寄せられたルルーシュが埼玉ゲットーにて対決するも、新宿レジスタンスと違って幾分か謙虚さが足りなかった埼玉レジスタンスの無謀や短慮に加えて、同じ手を二度使ってしまいすっかり居場所を囲まれた状態であわや素顔を晒す寸前になってしまうという、前々回とはまた違った窮地を迎える話でした。

 で、今回はそんな敗北を礎に、少なくともコーネリア部隊に対抗できるだけの組織を作り上げようと決意したルルーシュのお話。
 で、まぁ、前回でのコーネリアへの敗北が組織力、少なくとも自分を長として最低限信用して動いてくれる軍隊を作ろうと考えたまではいいんですがルルーシュ。結局新宿ゲットーで接点を得たカレン達レジスタンスを自分の部下として編入することに。

 まぁ、わかりきってはいたことなんですがあまりのルルーシュの人脈のなさにちょっと涙が。

 前々回に自分(ゼロ)宛に新宿レジンスタンスのリーダー格より電話がかかってきた際に「馴れ馴れしい奴だ。そろそろ切り時か」と言っていたのが懐かしいです。
 もうすっかり自分で切れない関係にしてしまってますよ。もう離れられません(ノ∀`)チョホー

 でまあ新しいアジトは大家族でも住めそうな豪華キャンピングカー。
 ギアスで奪われちゃった貴族には気の毒ですが、今後ギアスでこれ以上命令されることはないと考えれば或る意味幸運だったのかもしれません。
 
 まぁ、一方で生徒会役員は旅行先で偶然日本解放戦線を名乗る今時に本当を腰に差した旧帝国軍服然としたなんだか如何にもな人達に人質にとられていたり、その中にはなぜかブリタニア帝国第三皇女・ユーフェミアの姿まであったりと、色々事件が。
 あまりの急展開に一瞬脳みそがついていけないかと思いましたが( ゚Д゚)

 で、そこでテロリスト殲滅のためなら自国民の命も惜しまないコーネリアがわかっちゃいましたが超絶に妹溺愛している事が発覚。
 多分今後この辺をつかれてルルーシュに色々と陥れられたりするんでしょうねぇ・・・・・・なんだか話を見る前からとてつもなく卑劣で見下げ果てた主人公な気がしてきました(ぉ

 そんなルルーシュがまぁ、仲間にコスパ御用達の自分の組織の証である黒ずくめの衣装を配布して思い切り引かれておりましたが、私としては衣装で引く前に正義の味方だの部分で思い切り引いて欲しかったですが(ぉ
 なんだかもうルルーシュの頭の中身が予想不可能です。というかカレンは同調し始めているし(;´д`)

 そんなこんなで一テロリストの立場からなんだか正義の味方を名乗る(結局テロリスト集団)「黒の騎士団」の団長に就任したルルーシュ。
 今後はこのコーネリア親衛隊にはとても対抗できてなさそうでなんだかちょっぴり恥ずかしい面子で新しい展開を見せていくのでしょう。
 まぁ、とりあえずレジスタンスの仲間達も嫌な事は嫌と言った方がいいと思うぞ!(ぉ

 ではまぁ今回はこんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/174-cbcbcf91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アニメージュ 2006年 12月号 [雑誌]日本解放戦線を名乗るメンバーが河口湖畔のホテルで人質を取り、立てこもる事件が発生。人質救出を図るコーネリア、しかし人質の中にブリタニア帝国第三皇女ユーフェミアの姿があったのです。そんな中、コーネリアの前へと姿を見せたゼ...
2006/11/27(月) 12:12:57 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。