川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンプキンジザーズ 第15話
 街の地下を流れる水路に住み着く浮浪者たちに職を与えるべく国営農場に移動させる任務を与えられた3課は、そこで水道局の局員が麻薬を売理つけていることを知り、即座に逮捕するが、水道局局長が保釈金を支払い何度でも釈放させるためなかなか解決に結びつかない。
 しかし水道局側も徐々に苛立ちをあらわにし、3課を実力で排除するため火器を手に攻撃を開始。その裏でローランド伍長と同じ「インビジブル・ナイン」の908HTT元所属者らしき男が姿を現したのが前回まで。

 なんとなくですがインビジブル・ナインについての話が急激に進みそうな予感ですよ(。´∀`)。

 そんなこんなで今回のお話。
 とりあえずまたもや水道局員とのいたちごっこ開始ですよ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 前回出てきた火炎放射男はOPにもヘルメットが出てるだけに重要人物だとは思うのですがどうしてもチーンとなの男を思い出す、どうも話を劇的に進めるような人物でもなさそうな感じが( つω⊂)

 しかしどうやら彼の精神的にどこかおかしくなっているのは、火炎放射の熱をごまかすために使われた保護液の中の麻酔成分が原因のようで。
 麻酔と言えば麻薬の一種を調整して作っているものですから、そんなものを常に使っていたら精神もどこかおかしくなろうというもの。

 で、そんな保護液を開発した研究者がなんだか普通に伍長と接触してるしΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
 あの調子だと今まで伍長が怪我するたびに出てきていたわけではなさそうですが、あっさり身体を検査させていたところを見るに、伍長はそれほど危険人物とは認識していないようです。
 しかし今までインビジブルナインを探ろうとした人間をことごとく始末してきた組織に何らかの関わりがあるのは確かなので、今後彼女がどんな風にして伍長の前に立ちふさがってくるのか、楽しみです(ノ´∀`*)

 そしてまぁ、ついにその暗躍組織の名前らしきものが発覚。
 『銀の車輪』と言っていたと思いますが、その組織に人間らしきあの人。あのシルエットにあの髪の色。
 どう考えてもアリス少尉のフィアンセです。本当に(ry

 次回予告によると相当な剣の使い手、ということなのでしょうか。
 とりあえず伍長vs火炎放射男の対決はどうなるんですかこれΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) 

 まぁ、そんなこんなで今回はこんなところで|λ、、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/194-73dd61f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。