川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンプキンシザーズ 第23話
 さて前回は、パウロ提督の不正証拠入手をきっかけとして貴族の集まる舞踏会へと詰めかけた市民たちの見守る中、アリス少尉とパウロ侯爵の護衛であるアランとの決闘が開始されるも少尉は苦戦。そのうちにも不満を爆発させた市民の一人がパウロ侯爵に襲い掛かり決闘は一時中断。
 その裏でようやくオーランド伍長とパウロ侯爵の護衛・ジャンの対決に決着がつき、少尉の元に駆けつけ、決闘は仕切りなおしになった、というところまで。

 とりあえずパウロ侯爵の護衛が全然護衛してません……完全に人選ミスな気が( ・´ω`・)

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。
 ここのところアリス少尉とアランの決闘続いているせいでオレルドやマーチスはすかり傍観者。
 たまに出番があるかと思えばアリス少尉の姉を胸だけで見分けてたり胸元に話しかけてたり、なんというかただの変質者です(ノ∀`)タハー

 まぁ、なんだか途中オレルドが真面目なシーンもあったりしたわけですが顔が思い切り崩れて忍空みたいになっていたのでそればかり気になって話の内容を覚えていません(ぉ

 そういえば今回アリス少尉はオーランド伍長の軍服を借りての戦闘となっているわけですが、普通に考えて体格が違いすぎる二人なだけにかなーり邪魔になるんじゃないかとか思ったわけですが、よく考えると配給の時に伍長の服は一部切り取られて子どもたちの手袋に変わってるので少なくとも裾の丈はそれほど長いものじゃなくなってるんですなぁ。
 あまりにも前の話しすぎてすっかり忘れてました(ノ∀`;)
 まぁ、袖は切ってないのでたくし上げて使ってましたが。

 そしてまぁ、アリス少尉のマルヴィン家は相手方のアランの出身国・ローランドと結構深い繋がりがあるところだったのですなぁ。
 まさか剣術まで褒美としてもらっているとは。
 そういえば旧沖縄にあった琉球王家にも代々受け継がれていた王家の武術があったとかグラップラー刃牙で話に出てきてましたが、そういう護身術めいたものを王族で受け継いでいくのは割とメジャーなのでしょうかねぇ……今の日本にもあるのかな(ノ∀`;)

 とりあえず次回、課長がマーキュリーに持たせた多分助け舟になるであろうオレルドやマーチスたちの証明書類や、ナイフを握ったレオニールがどのように動くのか、そもそも『銀の車輪』の構成員らしき貴族も会場に向かっていたはずですがこの辺もどう関わってくるのか。

 そんなこんなを気にしながら、今回はこんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/213-2eb157da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
パンプキン・シザーズ -Men of Pumpkin 編- Vol.4 [初回限定生産]/アニメアリスとアランの死闘。窮地に陥りながらも、見守る仲間達の想いを受けて再び自身を取り戻すアリス。戦いはさらに激しさを増す・・・。
2007/03/21(水) 04:23:10 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。