川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天元突破グレンラガン 第5話

 さて、前回は、獣人を倒し地上を人間の手に取り戻す旅に出たカミナたちは、黒の兄妹ことキタン兄妹と遭遇。
 キタン達はカミナやシモンのようにガンメンは持たず、燃える水を詰めた爆弾で獣人たちに対抗しており、この世界に残っている兵器の類はガンメンのような巨大ロボやヨーコの村が所持していた銃器類だけではなく、まだまだ色々と残っていることが発覚した回でした。

 さてまぁ、今回のお話(∩・ω・)∩

 今回の絵は通常通りでした(゚Д゚≡゚д゚)

 前回の話での絵柄については色々と世間で騒がれた上に大変なことになったようで。まぁ、その辺についてはとりあえずおいときます。

 今回は久々の地底世界ということでまた新しいキャラの登場でした(ノ´∀`*)
 新キャラ達は地底から追い出されましたが_| ̄|○!|||!

 まぁ、地上のように作物が育つわけではない地底世界での生活は、想像の上でもかなり厳しくなるだろうと思うわけですが、考えてみればそんな世界で生活するには何かしらのよりどころとかルールが必要になってくるわけですやね……だから人数制限というのも有り得るといえば有り得るのでしょうが、子どもが追い出されるというかなりシビアな話でしたね(´・ω・)

 しかしあの村のガンメン、シモンのラガンもそうですが、どういういきさつであんなところに放置されるにいたったのでしょうかねぇ。
 過去、なんらかのいきさつがあって人類が地下においやられたとして、その人類のシェルターとも言うべき地下の村に敵性兵器が、しかも動けなくなったわけでもないのに放置されてるところからして、あのガンメンは過去人類が使用していたものであると思われるわけです。

 しかしそうなってくるとカミナ達がガンメンを操縦できる理由が分かるとともに、現在獣人が外の世界で操っているガンメンについても疑問がわいてくるわけで。
 獣人とガンメンの関係と、過去人類が何から追われて地下に逃げ込むハメになったのか。
 この二つが今後もグレンラガンのキーポイントとなりそうです( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで今回新たに3名グレン団に加わることになったわけですが、その中でもロシウが司祭から手渡された『聖典』。これの中身が今後の話に大きく関わってくると思うわけですが(´ω`)
 この一向の中で唯一文字がしっかり読めるリーロンがまた鍵となりそうなわけで、今後の彼の動向が気になります( つω⊂)

 さてそんなこんなで次回は温泉話の模様。
 前回出たばかりのキタン一行が早くも再登場のようですよ( つω⊂)
 
 ではまぁ、今回はこんなところで|λ、、、

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/225-a0bfbc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 29 / 萌え評価 26 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 32 / お色気評価 26 / 総合評価 23レビュー数 170 件 キタンたちと和解を果たし、さらに旅を続けるカミナ一行。とある場所までたどり着いた途端、突然地面が崩れガンメンごと地下に落下してしまう。
2007/09/05(水) 16:39:53 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。