川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天元突破グレンラガン第9話
 さて前回は獣人四天王「怒涛のチミルフ」から巨大ガンメン・ダイガンザンを奪うべく総攻撃をかけたカミナ達は、ラガンをダイガンザン頭部に打ちこむことには成功したものの、激しい抵抗にあい、重傷をひきずりながらも合体したカミナは、戦闘終了と同時に力尽きてしまった、というところまで。


 とりあえずOPからカミナの姿が消えて代わりに新キャラのニアが差し込まれてるんですがΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。
 とりあえずOPだけかと思ったらサブタイトルロゴまでニア仕様になってるぅううううううう(*゚ω゚);';,*'.+ブッ

 そうか、そういえば今までの書きなぐったような男らしい字体はカミナ仕様ということだったんですなぁ(ノ∀`)
 なんというか芸が細かすぎるんですがっw
 そして今までの男らしい字体から一転して丸文字っ、あまりのギャップに力が抜けました( つω⊂)

 まさかとは思いますがこうして段々とこの作品から男分が抜けていくんじゃないですよねぇ……w
 ただでさえ熱いカミナが抜けてこれから先どうなるか分からないグレンラガンですが、この上更に抜け落ちていったらと思うとちょっと心配だったりしますね(;つω⊂)

 まぁ、それはともかく、獣人四天王に螺旋王と敵側の幹部クラスが揃い踏みですよ( ゚Д゚)ノ
 なんだか各面子登場前からチミルフが抜けたことで早速寂しいことに成っちゃってましたがっw
 頭数って必要ですねぇ……( つω⊂)
 しかし、四天王にアルマジロが居るとは……不動の通り名の様に鉄壁タイプだったりするんでしょうが、他の面子と比べてのギャップが……(ノ∀`)

 でまぁ、敵のボス格である螺旋王。ニアの話や姿からしてどうも人間っぽいわけなんですが。
 ニアも自分が捨てられた理由は自分が生まれた理由を尋ねたからだといっていたわけで、この辺もかなり謎だったりするわけですが。
 まぁ、螺旋王は獣人を作った科学者か何かだとは思うわけですが、ひょっとしたら第1話冒頭で出てきた戦争で人間に絶望して生物兵器でもって掃討しようとしたとかそういうパターンなんでしょうかね( つω⊂)
 GAINAXなんで良い意味でひねくれた設定が用意されてると思いますが(ノ´∀`*)

 とりあえず今回荒みに荒んだ挙句にラガンがエネルギー暴走させてどうにもならない状況なわけですが、ニアやらの協力で今後回復していったりするンですかね。
 まぁ、個人的には最後のほうでカミナがクローンなりなんなりで復活してくると信じてるわけですがっ(何

 まぁ、そんなこんなで次回は二人目の四天王との激突? の模様。
 螺旋王の娘と分かって今後どう転んでもひと波乱がありそうな感じですが、どう解決していくのですかね( つω⊂)

 そんなこんなで今回はこんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/233-08b9f85b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)激しい戦いの末、大グレン団はダイガンザンを手に入れた。しかし、その代償はあまりにも大きいものだった。カミナを失い、その悲しみから心を固く閉ざしてしまったシモン。仲間の存在を無視したその戦いぶりから、シモンは仲間よ....
2007/06/02(土) 00:40:39 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 9 / 萌え評価 30 / 燃え評価 15 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 44 / お色気評価 10 / 総合評価 20レビュー数 165 件 都に届けられた四天王チミルフ戦死の報。それは新たなる戦いの幕開けに過ぎなかった…。激しい戦いの末、ダイガンザンを手に入れた大グレン団。
2007/08/29(水) 20:32:59 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。