川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天元突破グレンラガン 第10話
 さて前回は、要塞型ガンメンを手に入れたもののその代償としてカミナを失ってしまった一同傷心の中、特に重症に陥ったシモンは自棄を繰り返し暴走した挙句崖に転落し孤立。その先でガンメンに放り捨てられた箱からニアを発見し連れ帰ったものの、獣人四天王アディーネの襲来により彼女が獣人族の王・螺旋王の娘であることが発覚した、というところまで。


 今回もサブタイトルやらつづくの文字がニア仕様に。やっぱりずっとこれでいくんですね( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。
 今回はアディーネにぶたれ続けるヴィラルが妙に哀れな回かと思いきや、最後は良いコンビっぽいように思えてきたんですが(ノ∀`)タハー
 今後暫く彼女らは独立軍として活動することになるんでしょうねぇ。って、これで行き成り本国の獣人四天王残り二人ですよ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 考えように酔ったらものっそい展開速いということに…?

 まぁ、それはともかく今回はニア中心に話が進んでましたねぇ(ノ´∀`*)
 主軸のシモンとヨーコがあんな調子なので順当といえば順当なんですが物語中でもこのままカミナの代わりを務めて主軸になっていくんですかねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
 グレンに乗るってことだけはないとは思いますが(ノ∀`)

 そしてまぁ、敵の姫ということで思い切り敵視していたはずのグレン団の面子が普通にもてなしていたのには普通に吹いてしまったんですが…w
 いやぁ、最近ああいうベタなのに弱いなぁ、本当に(;つω⊂)
 特にキタンが一人で頑張っていたのがつぼになってしまってました。もうダメかもしれない……(;´∀`)

 しかしいざニアがアディーネに殺されそうになると全員まさに一丸となって突撃。一本気というかなんというk……って、それニアごと潰れるからっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 まぁ、今回の話でニアが正式に仲間として迎え入れられたというわけですがシモンが未だに復活しない(ノ∀`)タハー
 とりあえずどれくらいこのほの暗い雰囲気で続くのか。
 早いところ熱いノリだけの空気を取り戻してもらいたいところではありますがまぁ、カミナがいないとなると難しいような気もします。
 どうするんですかね(・∀・;)

 まぁ、そんなこんなで今回こんなところで|λ、、、
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/235-b7af6688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)アディーネの襲撃に遭ったダイガンザン。しかし、それを阻止したのはシモンが連れてきた少女ニアだった。果たして彼女は何者なのか?大グレン団は大きく動揺するのだった・・・。
2007/06/05(火) 06:13:08 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 20 / 萌え評価 33 / 燃え評価 26 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 14 / お色気評価 1 / 総合評価 18レビュー数 92 件 シモンが連れてきた少女・ニアの正体を知り、動揺を隠せない大グレン団の一行。敵の情報を聞き出そうと尋問を試みるがうまくいかず、厄介払いで
2007/06/05(火) 13:10:46 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。