川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天元突破グレンラガン 第11話
 さて前回は、ニアの登場により一時撤退したアディーネが螺旋王よりニアが既に捨てられた姫であることを告げられ、自らの立場を危うくしたニアとグレン団の面々への敵愾心に燃え、単騎突撃を敢行。
 一方ニアが敵の姫であることを知ったグレン団の面々は情報を聞き出そうと尋問するもうまくいかず、そうこうしているうちにニアが捨てられたことを知り、殺される寸前だったニアを義侠心から一丸となって助け出し、アディーネは撤退を余儀なくされ、獣人四天王は実質残り2人に。
 しかし落ち込みふさぐシモンの復活は果たせないまま、というところまで。


 とりあえずヴィラルがこれからもアディーネに虐められるであろうということは把握しました( つω⊂)←(何

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。
 なんかカミナ仏像が大量生産されてたしっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 ラガンもすっかりゴミ捨て場の住人として違和感なく鎮座してるのには吹きました(ノ∀`)タハー

 しかし話が進めば進むほど螺旋王から威厳でなくどうしようもなく我侭なだけっぽい雰囲気がぷんぷんとしてきてるんですがっ。
 まぁ、あれだけの技術や文明、おまけに軍勢を持っていたなら地上には敵なし。
 しかも1000年も生きてるともなれば退屈で退屈でちょっとやそっとの刺激では頭を動かす気にもなれないって感じなんでしょうが、この調子で行くと最後は殷のチュウ王よりも見せ場なく死ぬなんて予感もしてくるんですが(ノ∀`)
 まぁ、とんでもないガンメンが絶対あるでしょうがねぇw

 そしてまぁ、果てしなく棒読みの救援要請通信。
 あからさまな罠過ぎて爆笑してしまった私は最早どうしようもなくベタに弱くなってるようです=□○_
 まぁ、どう考えてもこんな通信信じるわけがないわけですが、話の都合上

 キタンなら、キタンならやってくれるっ!!
 
 とか思っていたら本当にやってくれたよ!!(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 いやぁ、最早キタンはあれが定位置ですね( つω⊂)

 しかし村人を大グレンに乗せるのはいいんですが……。
 いや、毛むくじゃらな獣人兵には気づこうよ誰かっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 
 どうやらキタンだけでなく全員BAK(ry

 しかし今回でてきた不動のグアーム。初登場よりも発言が黒いわ下卑ているわでかなーり面食らったわけですが、こいつもまた1000年生きてるとっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ
 
 これはグアームが特別長寿なのか、獣人全員がわりと殺されなきゃ死なないのかは分かりませんが、後者だとしたら獣人四天王はこれまで何度か世代交代しているようで、シモン達以外にもなんらかの理由で獣人と戦う力を持っていた人間かなにかがいたってことになるわけですが、グアームの思わせぶりな発言っぷりからするとそれにもラガンが関わっていたという可能性があるわけで、シモンが前向きになった途端ゴミ捨て場から村地下の牢屋にワープしてきていたことといい、ますます謎な機械の色を濃くしてきたわけですが、まぁあんまり深く考えても分からないものは分からないですね(ぉ


 まぁ、そんなこんなで今回ようやくシモン復活。しかもカミナが使った大技もしっかり踏襲して完全復活ですよっ!(。´∀`)。
 個人的には結局グレンにはロシウが乗るンかいってことなんですg(ry

 そしてまぁ、次回は海水浴編?
 温泉編の時のようにやりすぎて大幅カットで尺不足というオチはもうやらないはずなので、今回は総集編にはならないですよね?(。´∀`)。
 まぁ、次回予告を見た限りではダイジョウブ、なはずっ。

 では若干の不安を残しつつ、今回はこんなところで|λ、、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/237-1cd0a274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)見事アディーネの撃退に成功した大グレン団。しかし、シモンは未だ立ち直れないでいた。孤独の闇へと自身を閉じ込めてしまうシモンをニアは気遣う。そんな中、ダイガンザンに入った緊急通信。そこには、ガンメンに怯える人々の姿....
2007/06/14(木) 17:43:47 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 29 / 萌え評価 25 / 燃え評価 64 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 27 / お色気評価 27 / 総合評価 32レビュー数 137 件 アディーネを退けた大グレン団。だが未だ立ち直れないシモンは部屋に引きこもってしまう。皆が見放していく中、一人ニアだけが彼を気遣うのだ
2007/06/17(日) 17:02:31 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。