川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天元突破グレンラガン 第15話
 さて前回は、ついに首都テッペリンに到着した大グレン団一行は、そこで残りの獣人四天王・シトマンドラ軍とグアーム軍による総力戦を受けることとなり、あまりの物量に苦戦するも、世界中から集まってきていた人類軍の合流により優勢に。グアームのダイガンドとテッペリンの合体によるエネルギー波によって援軍の内多数を失うも、グレンラガンの地下からの攻撃が成功し撃破。しかしそれとともにテッペリンが変貌を遂げ、ついに獣人戦最終局面へ、というところまで。


 とりあえずダイガンドと合体したりガンメンになったりするテッペリンの中にいるはずの住民達はどうなってんでしょうかね、あれはw


 まぁ、そんなこんなな今回のお話。
 とりあえずテッペリンがでかすぎて自重で潰れそうなくらいだったんですがっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 まぁ、なんつうかこれで獣人の軍勢が使っていた建築物と言う建築物は全てガンメンだったということになるわけですが、まぁ都市自体がガンメンなら攻められても安心できると言えば出来ますが、起動するために分離された部分の都市部住民は気が気でないですね、アレ(ノ∀`)タハー

 そしてまぁ、その巨大なガンメン・テッペリンを見てOZNの使鬼・オズマ二世とかを思い出しても多分通じないんだろうなぁと思いつつまぁ、あれ上がでかすぎて下がどうなってンのかわけが分かりませんやね(ノ∀`)タハー
 グレンラガンと比べたら豆粒以下で、ダイガンザンと比べてもアリくらい。それがまともに攻撃喰らって耐えるどころか突き破るのも凄いところですが、分離できたのが一番の驚きでしたダイガンザン(*゚ω゚);';,*'.+ブッ←(ぉ
 分離した後は腰の部分が骨になっていたのが芸の細かいところですが(ノ∀`)タハー
 しかしああいう姿を見るとひょっとしてガンメン自体もある種の生体兵器だったのだろうかとか思ってしまうわけなんですが、まぁ自己修復機能を持っているのはラガンだけなので実際は模しただけの機械ってことなんでしょうが。

 そしてまぁ、今週のヴィラル。
 「夜眠らなくても良い体を貰ったから勝つ!」って、それだけで強くなれるわけ無いじゃん気づけっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 まぁ、獣人最大の弱点である夜の眠りが必要なくなったってだけでなんだか自分が獣人として一皮向けたような気になるのは分かるよーな気がせんでもないのですが、反応速度が上がったわけでもガンメンを強化してもらったわけでもないのにそれで自分が強くなったと思えるとは、ヴィラルって実はアホの子だったんでs(ry

 まぁ、そんなヴィラルが大好きですが*・゜゜・*:.。゜(*´∀`*)゜・*:.。゜゜・*,

 とりあえず今回出てきた螺旋王専用のガンメン。
 妙に姿が甲虫類っぽくてEVAっぽいとか思う以前にこれを思い浮かべてしまった私はネタが古すぎですねそうですよ(開き直り

 しかし螺旋王。
 頭から炎が出てるのもさることながら、仮にもガンメンのラガンと素手で殴りあいして競り勝つって、TEKKENのあの親父さんですかっΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
 なんというか世界を征服するには本人のあふれんばかりのパワーも必須なんですねっ(何か違う


 そしてまぁとりあえず今回で15話なのに早くも螺旋王を倒してしまったわけですが、以前よりほのめかされていた「螺旋の力が人類を滅ぼす」に加えて今回の螺旋王の言葉で真の敵っぽいものの存在が明らかに。
 百万の人類が地上にあふれると月からやってくると言うあたりから、地球は常に監視されていて人類が増えすぎると減らしにくるシステムができてるってことなんですかね。
 そうなると螺旋王が自分の兵士に人間でなく獣人という生き物をわざわざ作って使役していた理由も分かってくるわけですが、まぁその敵が何かは今後のお楽しみってことなんでしょうなぁ。

 まぁ、それはともかく


 カミナ敵に回っての復活まだですか?(ぉ


 いつか黒いグレンラガンに乗ってやってくることを信じて待っているのに( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで次回は総集編ならぬ総集片。
 ではまぁ、今回こんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/244-3fecfa4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
空色デイズ(グレンラガン盤)崩壊が始まったテッフヘリン。そして、それは姿を現した・・・。その正体は、都市そのものが巨大なガンメンてあった。シモン達の前に現れる無数のガンメン・・・今、最後の戦いが始まる・・・。
2007/07/09(月) 02:19:41 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 0 件 シモンたちの前で、崩壊を始めるテッペリン。その正体は都市そのものが巨大なガンメンだった! 大グレン団の面々が呆然とする中、引き寄せられるように天
2007/07/09(月) 10:38:17 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。