川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロイック・エイジ 第14話

 さて前回は、木星を破壊してしまったものの火星へのスターウェイが生きていることをこれ幸いにと火星への進軍を開始するユーノス兄弟。そして木星に置き去りにされたエイジは、カルキノスに加えて時空を遡り必殺の可能性を探り続けるレクティの攻撃も迎撃し続けなければならない苦戦を強いられることに。その一方でディアネイラらアルゴノートは後方にて救援のための部隊を編成しその終了を逸る気持ちで待ち続けていた、と言うところまで。


 とりあえずベルクロスは強い強いとは作中で言われてましたがまさか本来無限と言われている可能性の世界出まで敗北が無いなんて(ノ∀`)タハー
 ベルクロスの勝利自体が黄金の種族が取り決めた誓約に因るものだとしたら、黄金の種族ってのはどこまでも超越的な存在ってことになるわけですが、逆にそのベルクロスの圧倒的存在というのを利用して鉄の種族に託したとも考えれるわけで。

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。

 時間を遡れるってことで最凶かと思われたレクティのエルマントスも数万回分の攻撃と敗北の余波を受けての痛み分けですら完全に敗北してしまいましたよ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 そしてまぁ、その影響でベルクロスは完全に狂乱。

 カルキノスやレクティの例を思うと、狂乱は瀕死になったから起きる、というわけでもなさそうなのですがエイジの場合は完全にレクティから受けた数万回分の攻撃の余波とカルキノスとの蓄積ダメージが引き金になっているとしか思えないわけですが、カルキノス自信は理性で狂乱を抑えているようなことを言っていましたし、以前の話によると狂乱は複数のノドスが争った場合に起こる、と言うことですので、明確な条件のようなものは確定しないままでよくわかりません(ノ∀`)タハー
 まぁ、ノドスに宿った英雄の種族の本能が、同じ種族同士の感情の高まりに触発されて起きる暴発現象ではあるようなのですが。

 そんなこんなで自信も狂乱に巻き込まれることを恐れたカルキノスや、時空流の余波で完全に戦闘不能に陥ったレクティは脱落。元より最後まで外に出ることを許されていないユティも戦闘に参加できないというわけで、メヒタカ以外相手を出来るもののいないベルクロスを見て我らが(?)ユーノス兄弟はというと、



 「ひるむな全軍突撃ぃっ!!(゚∀゚)」



 期待を裏切らないバカでしたっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ なんというかベルクロス暴走の余波を受けて紙飛行機のように煽られて飛んでいく連合軍の戦艦が哀れ過ぎてなけました(ノ∀`)タハー
 しかしユーノス兄弟の乗る旗艦以外はシールドを展開できないんですなぁ。まぁ、そのシールド自体も限界突破して最早戦争どころでは無い騒ぎだったわけですが。
 英雄の種族ってのはこの世界では殆ど台風のような自然災害クラスなんですなぁ(ノ∀`)タハー

 そしてまぁ、いい加減どうしようもなくなったところでディアネイラが遂に奮起。哀れユーノス兄弟は更迭。
 更には暴走しつくしたベルクロスに巻き込まれそうになった挙句敵のはずのメヒタカに助けられて完全に戦闘の蚊帳の外感全開になる始末。
 今後は出番と自信を失って独房の隅っこで震えるだけのキャラになってしまうのかっ。
 ちょっと残念かもしれませんがここまで引っ張った方なんですかね(ノ´∀`*)


 まぁ、次回はメヒタカのアルテミアvs暴走ベルクロス。
 どうやら地球に向かっているようでこのままだと木星の次は地球消滅の危機ですよΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
 エイジが預言したディアネイラの導きはどのように現れるのやらと期待しつつ、今回はこんなところで。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/245-10169ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 8 / 萌え評価 6 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 25 / シリアス評価 70 / お色気評価 10 / 総合評価 23レビュー数 47 件 傷ついたベルクロスの異変を感じるディアネイラ。ベルクロスの攻撃に反撃を止めたレルネーアを見て、ユティとメヒタカもベルクロスの異変に気づく
2007/07/19(木) 18:51:10 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。