川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天元突破グレンラガン 第21話

 さて前回は、いよいよ月の落下が差し迫ってきたところで発動段階に入ったロシウの避難計画。しかし、どうしても地球のシェルターに入っても人類は生き残れないことが発覚。しかし、宇宙へと脱出するアークグレンに100万人全員を乗せることは出来ず、ロシウは66万人を見捨てることを決心する。しかし突如襲来したムガンから逃れるために更に多くの人間を見捨てて発進することになるが、地下牢に繋がれたままのシモンの元へ現れたニアの口から、それも無駄に終わると告げられる、といったところまで。


 まぁ、普通に考えたら月に敵の基地があるのにそのまま宇宙に出ても迎撃されるに決まってますやね(;´д`)

 そんなこんなで今回のお話。

 遂にヨーコも復活ですよ!(゚∀゚)
 旅に出てなにをやっていたのかと思ったら教師になって……って

 なんかこの人に見えるんですがっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 まぁ、なんというか殆どごろつきまがいの集団と上手く付き合っていた彼女ですから、教師という職は案外ぴったりだったりするのかもしれませんが、とりあえず外見とは裏腹にやってることがえげつなすぎますw
 チョーク投げで黒板粉砕とかこれもうチョークじゃなくて指が弾いた空気の衝撃波で壊れてるんじゃないですか(ノ∀`)タハー

 それにしてもこの世界、テッペリンを落としてから急激に文明が発達していったわけですが、教科書や教育機関が偏狭の村にも小さいながらしっかり備わっているってまたその発達の徹底振りがうかがえますねぇ。そう考えるとシモンやロシウはわりと各地に気を配った政治をしていたのかもしれないってことなんですかね。

 
 で、ロシウがガンメンは全て廃棄させたと言っておきながら普通に犯罪者がガンメンを乗り回しているとか、どれだけ警備がザルだったのかw
 まぁ、世界の広さに反して世界人口100万人ですから、幾らでも人の寄り付かない場所があったのでしょうけれども( つω⊂)
 とりあえずヨーコは獣人との戦争が終わった後のほうがパワーアップしていたような気がするんですがw


 まぁ、そんなこんなでようやくヨーコも合流し、ヴィラルとのグレンラガン相席も実現し、どんどん熱い展開になってきましたよ、グレンラガン(゚∀゚)

 カミナ復活はまd(ry←(まだ言っている

 次回は宇宙でのアンチスパイラルとの決戦。
 アレだけ大きな月を止めなければアンチスパイラルを撃退しても地球は滅びるというわけで、月を止めるのは必須条件で更にニアもどうにかしなければならないと、消化されるであろう問題が色々あるわけですが残りの話数でどう終わらせるのかも楽しみなところです(。´∀`)

 まぁ、月をどうにかしたとして、宇宙中にまだまだいるというアンリスパイラルがより高い危険度を認識してシモン達に襲い掛かってくるとしか思えないわけですが、その辺はさすがにできないでしょうが。


 とりあえずそんなこんなで今回はここまで|λ、、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/256-77f7fd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
天元突破グレンラガン 1 (ガガガ文庫 す 2-1)地下から出てきた人間たちが暮らすコレハナ島の小学校に、一人の新任教師が赴任してくる。その女教師は瞬く間に島の生活にとけこみ、生徒たちに慕われる。彼女の生徒の一人・ナキムは父親をなくしてこの島に移り住んだものの....
2007/08/23(木) 23:35:11 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 29 / 萌え評価 15 / 燃え評価 43 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 26 / お色気評価 13 / 総合評価 24レビュー数 161 件 地下から出てきた人間たちが暮らすコレハナ島の小学校に、一人の新任教師が赴任してくる。その女教師は瞬く間に島の生活にとけこみ、生徒たち
2007/08/24(金) 14:25:42 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。