川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロイック・エイジ 第24話
 さて前回は、ケルビウスの暴走で虚無の次元に閉じ込められたエイジは、レクティ、メヒタカに加え、レルネーアの力で死から再生したカルキノスの力をあわせて虚無からの脱出を試みる。
 一方でパエトーの追撃を受けながらエリュシオンへの道を探し続けるディアネイラは、パエトー決死の一撃の脅威にあわや晒されるというところで脱出に成功したエイジに助けられた、というところまで。

 
 今回は遂にエリュシオンへ突撃ですよ( つω⊂)

 そんなこんなで今回のお話。
 とりあえずなんだかエイジ達の脱出と一緒にケルビウスに消されていた艦隊が出てきましたよ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 殆ど破片になってましたけどあのひとつだけぶじだったっぽい戦艦はひょっとしてユーノス兄弟の乗っていた艦なんですかね。復活ですか?(゚Д゚;≡;゚д゚)

 そしてまぁ、あれだけ激昂していたパエトーは4人のノドスに脅されてすっかり言いなりになってましたよ、特にエイジを恐れていたあたりは今まで銀の種族の中では一番彼とぶつかっていた相手だからなんですかね。まぁ、なんにしても不運というか何というか( つω⊂)

 そしてエリュシオン強行軍。なんだか今までで最高の艦長とビーの見せ場でしたよ。まさかトリガー変形とかするとは( ゚Д゚)
 アルゴノートなんて今まで主砲使っていなかったのかと思ったら戦艦全体が砲台になってたんですねコレΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
 つうか大活躍したと思ったら狂乱したケルビウスに叩き落されるし。というかビー死んだ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 エリュシオンを守るシールドが助けてくれなかったらアルゴノート全滅だったわけですが、あれは星を守ろうとして偶然その範囲にアルゴノートが入っただけなのかは謎ですが、大昔に主人のいなくなった星でまだ防衛装置が稼動してるのもあれですが、アルゴノートを迎え入れたりケルビウスの攻撃をシールドで防いだり、まるで星自体が意思持ってるような感じでしたね。CG物凄いし(ノ∀`)

 そしてまあロム・ローがユティを暴走覚悟で閉じ込めていたのは最後に爆弾として使い捨てるためだったんですねこれ( ゚Д゚)
 エイジがユティを助けるのに4人いれば大丈夫といっていた辺りからして最後に暴走することまで分かっていたという感じですが、エイジはどこまで黄金の種族から聞かされてるんですかね。なんつうか黄金の種族の意思とかエイジに聞いたら一発で分かりそうな気がするんですが( つω⊂)

 とりあえず今回もすんでのところでエイジが間に合って次回ロム・ローvsエイジの予感ですよ。ノドスに脅されてたパエトーはどう動くんですかね。まぁ、レクティ達がどうこうするとは思えませんので普通に傍観かロム・ローにつくかなんでしょうけど(;゚Д゚)

 そんなこんなでいよいよ戦いには終止符が付きそうな次回を楽しみにしつつ、今回はここまでで|λ、、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/266-c5c8f760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 22 / 萌え評価 11 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 55 / お色気評価 0 / 総合評価 20レビュー数 9 件 エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。マザ
2007/09/22(土) 16:04:08 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
ヒロイック・エイジ オフィシャルガイドブック Vol.2エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。マザーコンピュター「デルフィ」は、ディアネイラからの指示で封印していた...
2007/09/22(土) 23:43:31 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。