川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天元突破グレンラガン 第26話
 さて前回は、虚数宇宙におびきだされ、数え切れないほどの大群によって圧縮された宇宙の海に沈められた一向は、この圧縮された宇宙の中心にて圧力をかけ続けている装置「デススパイラルマシン」に起死回生の攻撃を仕掛けることになり、グレンラガンの折れたドリルとミサイルを持ってキタンが命を賭してギガドリルを打ち込み、破壊に成功する。そのことで制御を失った宇宙空間は今まで対消滅させていた螺旋エネルギーを放出することとなり、グレンラガンはカテドラルテラとの変形合体を完了した、というところまで。


 今までギャグ担当だったキャラクターがここにきてどんどん死んでいってます(´Д⊂
 
 まぁ、そんなこんなで今回のお話。
 とりあえずシモンのあのグラサンはどうかと思いまs(ry

 まぁ、敵のありえないぐらい気持ちの悪い変容も良い勝負ですが(ノ∀`)タハー
 しかし敵は大量の螺旋族も打ち破っただけにやってることが殆どめちゃくちゃですねコレ。
 相手が防御できない可能性だけを選択して攻撃する確率変動弾とか、多次元宇宙に意識を閉じ込めてさまよわせるとかわかってたことですけど反則過ぎますね(ノ∀`;)

 なんでも力ずくで吹き飛ばしていくシモンも十分反則級ですが(ノ´∀`*)

 そしてブータがなんか人型になった(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 一瞬クレヨンしんちゃんの劇場版かと思いましたよw

 それにしても別の可能性ででてくるカミナのヘタレっぷりときたら。しかもがめつい。まぁ、性格なんて環境しだいでどうとでも変わるわけなのでこういうこともありえたんですかね( つω⊂)
 まぁ、そんなヘタレたカミナを見た後なだけに本物のカミナの格好いいことw
 相変わらず変なところでずれた性格でしたが懐かしい(ノ´∀`*)

 そしてシモンのグレンラガン変形吹いた(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 
 あの世に行ったキタン達まででてくる熱い展開に目頭が熱くなりそうなところで吹いてしまって台無しですよw
 いやまぁ、あれも熱いといえば熱い場面でしたが(ノ´∀`*)

 父兄参観に出てるロージェノムとかも普通に吹きましたがヴィラルの夢でまた泣かされそうになりましたよ。獣人は子どもを産めないように作られているから妻はあっても子どものいる生活はありえないだけに(´Д⊂
 
 まぁ、結局最後のシモンのグラサンで吹かされるんですが=□○_

 しかしグレンラガン、初めは24・5話くらいで終わると思っていたので話し終わらないだろうと思っていましたが、全27話なんですね。納得です(ノ´∀`*)

 まぁ、そんなこんなでついに次週最終回。どのように決着をつけるのか、とりあえずビデオの容量に気をつけながら待て(何

 では今回こんなところで|λ、、、

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/267-7cbb64f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
天元突破グレンラガン 4アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊をみるみるうちに駆逐していく。だが、アンチスパイラルの仕掛けた新たなる罠に大グレン団の面々はなすす....
2007/09/24(月) 01:56:22 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 36 / 萌え評価 20 / 燃え評価 17 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 17 / お色気評価 12 / 総合評価 19レビュー数 111 件 アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊を
2007/09/25(火) 17:49:09 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
ヴィラル、ネコ耳が好みなの!?
2007/09/29(土) 21:57:37 | 空色☆きゃんでぃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。