川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 第12話
 さて前回は

 人革連の兵士ソーマとの接触が原因で強化人間製造のための人体実験が未だ行われていることを知ったアレルヤは、自身もかつて所属していたその施設の強襲をスメラギに進言する。
 アレルヤは作戦行動にて自身のもう一つの人格・ハレルヤとの葛藤に揺さぶられた結果としてであったものの自身の手でトリガーを引き、過去と決別する。



 まぁ、そんなこんなでティエリアに何故か認められちゃってたアレルヤさんは実は刹那よりはまともということがわかりました( つω⊂)←(ぉ

 そんなこんなで今回のお話。
 さて今回はアザディスタン内乱( つω⊂)

 とりあえず超保守派って言葉をはじめて聴いたっΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
 なんでも超えたがるものなんですね(違

 まぁ、同じアザディスタン人でもどうやら刹那のようなクルジス人は嫌われているようで。
 過去刹那がやっていたような活動に何か関係が有るんですかね( ゚Д゚)

 そして今回は前回のソレスタルビーイングラジオでも大活躍?だったグラハムさんがなんかものっそい輝いてましたよ( つω⊂)
 とりあえずカスタムフラッグの性能も高いのでしょうが、段々ガンダムが他国に対して絶対的じゃなくなってきてるってことなんですかね。
 まぁ、普通に考えたら4機しかいないガンダムが幾ら高性能でも物量で選りすぐりを集めはじめたらいつかは対抗されてしまうもので、このまま話が進むと壊滅しか見えてこない( つω⊂)トホー
 まぁ、外交班もだんだん姿を現し始めているのでそのあたりの対策もしていないわけではなさそうですが。

 そして今回も関わってきた国際的軍事会社PCM。
 今回関わっていたのは普通に超保守派とやらに雇われていただけなのか、アザディスタンの内乱を支援して混乱を起こし、自分達の需要を高めようという魂胆というところなのでしょうか。

 まぁ、あの口ぶりからすると後者っぽいですが、そうだとすると、PCMとソレスタルビーイングの関係が今後の話に深く関わってくる主軸っぽい感じになりそうです。
 いずれソレスタルビーイングと敵対だけでなく一時協定とかもあったりするかもですね( つω⊂)

 とりあえず今回は内紛は失敗、ということでマリアイスマール生き残りましたが、なんとなく最後シェルターから出てきた時にイスマール派から間者が出て銃で撃たれるところを想像してしまtt(ry

 あそこまで用意周到だったのに最後の詰めをMSでの強引な殺害しか用意してなかったとはなんて中途半端な。まぁ、もぐりこませるのは半端な難易度じゃないのでしょうが( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで刹那の不安要素はそのままに過去との因縁だけ深まった今回。
 今後真面目にどうなっていくかだけは全然想像付きません(ノ∀`)タハー


 では今回こんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/31(月) 04:07:09 | | #[ 編集]
 それに関しては以前のままでいっす。まぁ、届いたら私も返すかもしれません( つω⊂)
2007/12/31(月) 21:50:16 | URL | あらき@管理人 #97Hp0aE.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/282-a5d3ada7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム00 (1) アザディスタンは、伝統的な宗教生活をかたくなに固持する保守派と、外国から太陽光発電システムを誘致して新たな生活を受け入れようとする改革派が、互いに反目しあっていた。そんな中、保守派の指導者マスードが何者かに誘拐される。このまま...
2007/12/24(月) 20:33:32 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。