川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かしまし 第7話
 さて、はずむがあろうことかやす菜ととまり二又宣言ぶちかましてから後日。なんかそういう方面でアクションがあるのかこのまま昼ドラばりのどろどろとした三角関係が展開されるのかとやきもきしながら待っていた第6話。
 今回の話の主軸はすっかり脇役扱いのあゆきと明日太でしたマル。


 orz


 まあこれはこれで(いいのか
 で、そんな感じの今回のお話。
 
 とまりとの関係を今後どのように消化していくのか注目どころですが、今回はその前にはずむの友人二人との位置関係的お話。
 明日太は毎回無防備に行動するはずむに一喜一憂かましたりする位置どころ、あゆきは三角関係含むそれらを一歩引いた視点から見守る位置どころ、というのがまぁ今まで見ていた中での印象。

 で、今回はその明日太がはずむとの関係に変化を……と思ったらこれからもずっと良いお友達でいよう発言。
 いや、わかってはいたとはいえこういう台詞、何度聞いても相手にしたら単なる絶望の言葉でしかないですなぁw
 とりあえず毎回明日太に対する言動、これ本当に分かっててやってんじゃないかと思うようなもんなんですが、考えてみれば一時期はずむはとまりによる熱血女性化指導を受けてはいるのですがそれでもふとした時に男であった頃のクセが出るはずなわけで。
 そう考えるとあの前かがみやら首傾げやら腕からみつきやらは男の頃にもやってた……ということに???
 道理で女性しか見えないはずのやす菜ビジョンに映るはずですよねぇ。しみじみと思ったり。
 
 はずむ、真面目に性別転換してよかったのやも知れません。

 で、海でも並子先生落下してました。
 とりあえず投網漁法は投げるより設置した方がー。

 で、次回はとまりとやす菜の関係に何か変化が起きたりするのでしょうか。
 とりあえず二又発言語全くそんな発言したという自覚を感じられないはずむはどうするのか。

 ではまあ今回こんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/29-51eabd38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。