川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 第18話
 またかなり遅くなってしまった・・・(´・ω・`)

 まぁ、前回の話は

 刹那達の窮地に現れたガンダム・スローネシリーズに乗るトリニティ兄弟は、堂々とプトレマイオスに接触。しかし自分たちもソレスタルビーイングであるということ意外は一切明かさず、その間にネーナ・トリニティがヴェーダにアクセスするなど怪しい行動を見せる。
 その後、彼らはユニオンの軍事基地ごと破壊。
 本来ソレスタルビーイングの計画の中枢にあるはずのヴェーダからも外れた行動に、プトレマイオスのメンバーは動揺と不安をあらわにした。

 というところまで。


 とりあえずネーナ・トリニティの電波度が私の想像を超えててびびりましたーよ(;・ω・)

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。

 トリニティ三兄弟が出てきてからどんどん不穏になっていくガンダム00ですが、そのおかげかだんだん面白いと感じるようになってきたのは気のせいですk(ry

 足りなかったのはわかりやすい悪役だったんでしょうか、それとも主人公たちの激情だったのか( つω⊂)トホー

 とりあえず前回ではトリニティはソレスタルビーイングの深部から送られてきたものと考えていたんですが、どうも今回の話だとソレスタルビーイング内部の裏切り者というか過激派の仕業っぽいんですのぅ。
 まぁ、ソレスタルビーイングという組織の仕組みやGNドライブが何故に製造困難なのだとかヴェーダがどういう存在なのかとか重要っぽいことが良くわからない現状では何故にそういう行動に出るのかも、もし過激派や裏切り者の仕業だとしてソレスタルビーイングの中枢からなんらのアクションもないのかとか疑念だらけで良く飲み込めないわけですが。

 話の流れだとどうもヴェーダというコンピュータが絶対で、ソレスタルビーイングという組織はその結果どうなろうと一切関与しないというのが基本スタンスっぽいってわけですが、そうなるとスメラギさん以下ガンダムマイスター4人+αという本当に少ない人数で判断も行動もしているというわけで如何にも無謀なだけの組織にしか見えないわけで。
 もしもこの主要人物たちが一斉に反旗を翻したりしたらどうするんですかね。

 まぁ、そのための対策はしてあるんでしょうけど、そうなった場合はGNドライブという活動の核部分も失ってしまうリスクがあるわけで。
 まさか「そうなったらそうなったでこの組織が間違っていただけだ」みたいなおためごかしを考えているはずもないでしょうし。
 本当に良くわからない組織ですのぅ。まぁ、まだSE○Dのラ○ス一派みたいな不条理性はあまり感じられませんので良いのですが(´・ω・`)

 そしてまぁ、今回わかったのはスローネやトリニティ三兄弟達はプトレマイオスのそれらと違って劣化品っぽいということ。

 前者は、本来永久機関であるはずのGNドライブはどうも肝心要らしい金属(多分この金属が木星産で手に入りにくい?)が使用されてないせいで活動限界時間がエクシアらよりも格段に短いらしいところ。
 後者は、本来感情の一切を殺して活動することが原則のガンダムマイスター(刹那達もこの点では不完全ですg(ry)なのに、ミハエルやネーナは気分屋で信念っぽいものが欠けているというところ。

 まぁ、組織の一部が暴走して慌てて作ったという話なら、20年越しに計画して作り上げていたプトレマイオス側に比べてそういう欠陥だらけなのも頷けるわけで。

 しかしまぁ、そういうことならそういうことでそういう劣化品の活動を堂々とやっちゃっているのかとか、やはり何故にソレスタルビーイング中枢は動かないのか、とかいう疑問が生まれたりしますが。
 少なくとも本編を見ている限りでは不明っぽいですやね( つω⊂)

 とりあえず、そういた勝手な活動をしても組織は手を出せないってことを確信しているのと、中枢自体はそういった強制力を一切持っていない、もしくは持たないことがある種の条件になっている、とかいうくらいしか今は予測できませんのぅ。

 まぁ、そんなこんなで世界観のぼやけた部分がちょっとづつ鮮明になりつつある片隅で完全に別行動とっていた日本組のルイスとサジがえらいことになってましたよっ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 前回の飛行機に乗ってたってのと次回予告でルイスがついに巻き込まれるのかっ、とか戦々恐々としていましたが・・・

 ルイスの左手がないっ(;゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 予想をはるかに上回っちゃってましたよorz

 ネーナの八つ当たりで両親や親戚一同全員いっぺんに失ったってだけでなく五体の一部を失うってもう久々の衝撃でしたよ(;つω⊂)
 今まであまり感情移入できないなぁ、とか言ってたガンダム00で初めて移入しまくりましたーよ。
 おかげでその後刹那が独断でガンダムスローネ三機を相手取っての襲撃行動に出たのを心から応援したくなっちゃいましたーよ\(=ω=.)/
 
 刹那の未熟さからくる行動も今回ばかりは共感できましたーよw

 まぁ、スローネにガンダムエクシアとか大破させられそうなんですがっ。

 劣化品とはいえそこはGNドライブだけの話で、武装とか性能とかは段違いにスローネのが充実している上に刹那一人ですからのぅw
 例え他の三人が後から合流するとしても間に合うとは思えないし( つω⊂)トホー

 まぁ、刹那のエクシアだけ大破して一期の最後あたりでダブルオーガンダムのシルエットが出て終了とかなんじゃないかとか勝手に予想しておりますw

 とりあえずなんだか次回が楽しみですよっ( ・∀・)つ


 ではまぁ、今回はこんなところで|λ、、、、、、


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/290-e4146e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム00 2 新たなガンダムによる武力介入は一方的な破壊活動だった。刹那はその在り方に疑問を抱く。そんな中、王留美は新たなガンダムマイスターたちの動向とその存在について確認するため、アレハンドロとコンタクトを取る・・・。
2008/02/14(木) 02:40:38 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。