川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 第22話
 さて、前回は

 トリニティのガンダム・スローネ撃退に沸きあがった各国連合軍は、今度はプトレマイオスのガンダムへの襲撃を開始する。
 その激戦の最中、思いのほか抵抗する刹那達に、野望に燃えるアレハンドロはヴェーダへのシステム介入により抵抗するプトレマイオスのガンダム達を強制停止に陥らせる。
 一方で、かねてよりヴェーダの信頼性を疑い、ヴェーダから独立したシステム構築を進めていたスメラギはガンダムの再起動に成功するが、ヴァーチェのみ再起動に失敗し、その結果動かないヴァーチェをかばったロックオンが負傷。
 別の機動兵器の投入により連合軍を撤退させることには成功するものの、多くの痛手を負うこととなった。

 というところまで。

 どんどんソレスタルビーイングが追い詰められていってますね( つω⊂)

 ではまぁ、今回の御話。
 
 ロックオンが眼帯に(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 しかも利き目がやられてませんでしたかあれ(;´д`)
 完全に失明だとしたらやばすぎにもほどがありますが…まぁハロもいるしなんとかなるでしょう(何

 とりあえずコクピットに穴あけられた上にメット損傷してたけど酸素欠乏症とかは大丈夫だったのかとか思ったのは私だけですk(ry

 そしてどんどんティエリアが丸くなっていってますよっ。

 刹那に同調してフォーメーションするようになったかと思ったらロックオンに助けられ励まされて更に丸く。
 まぁ、アレルヤにだけまだ冷たそうですg(ry
 まさかアレルヤにも助けられるイベント用意してたりするんじゃないですよね( つω⊂)

 とりあえずヴェーダからの独立システムがヴァーチェだけ使えなかったのは、搭乗者のティエリアがヴェーダとリンクを続けていたせいだったんですね( つω⊂)
 こうなってくるとティエリアはやっぱりサイボーグか擬似強化人間か。ともあれアレルヤ以上に普通じゃない何かの処置を施されているってことになるわけですが、それはソレスタルビーイングがやったのか、それとも刹那やアレルヤのように他機関で育っていた人材として拾ってきたのか。
 まだティエリアだけ曖昧にも素性がわかってないんですよねぇ( つω⊂)
 …他のクルーもわかってないのいるか。
  
 そしてまぁ、あれだけフラッグにこだわっていたグラハムさん。
 やっぱりあてがわれた機体性能じゃなくて自分の信じた機体と技術で倒すのが志ってものかっ、とか感心してたのに擬似GNドライブいれてんじゃNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
 (´・ω・)…
 まぁ、機体自体はフラッグで、ちょっと出力上昇するだけって気分なんでしょうが、それ以前にこの前フラッグでトリニティ圧してた時はGに耐え切れないで負傷してたよーな。
 GNドライブならその点を解決できたりするんですかアレ。

 そしてまぁ、どんどん立場が降格していってたトリニティ三兄弟。
 登場時はてっきり第一期ラスボスと思ってたのにここまでのかませ犬役とはっ、予想が外れたにもほどがっ(そこか
 擬似GNドライブにもわりと早く限界が近づいてたわけで。どうもGN粒子を自己精製できない所がオリジナルとの決定的な違いということなんですなぁ。
 基地を襲撃されて補給手段を断たれてすぐに粒子の残量がやばくなっていたあたり、殆ど局地戦闘機的な役割しかもてないガンダムだったわけですのぅ。

 しかし、ということは各国にくばたれた擬似GNドライブも同じことが言えるわけで。
 まぁ、配布された機体はトリニティのガンダムほどGN粒子を消耗する兵装を持っていなさそうなので、そうそう粒子残量に悩まされることはなさそうですが、GN粒子の補給手段もソレスタルビーイングからの配給だとしたら、いつかは動かなくなるわけで。
 まぁ、精製手段も提供されてるような気もしますが。

 そしてまぁ、トリニティ、とうとうかませ犬のまま長男次男まで死亡。
 ネーナだけなんだか生き残ってましたが、考えてみればルイスの家族皆殺しにしてルイス自身にも深手を負わせたのって彼女なんですよね(´・ω・`)
 プトレマイオスと合流して第二期にサジに殺される役回りだったりしt(ry

 ( つω⊂)

 さてまぁそんな感じでアムロ声の中からトータルリコール的に出てきてくれると期待していた(何)イオニア=シュヘンベルクさんはヴェーダが完全にのっとられた場合の最終手段を握って潜んでいたようで。
 背景が声明文を発表したときと全く同じだったのは気になるものの、ヴェーダがのっとられることは想定の範囲にはあったもののソレスタルビーイングとしては計算外だったってことなんですかね。普通に。

 まぁ、とりあえずイクシアが真っ赤に染まってV-MAXばりに超スピードアタックしてるのを見て

 ユニコーンシステムかΣ( ̄□ ̄;;)!?
 
 と思ったのは私だけで良(ry
 
 
 そんなこんなでクライマックスも近づいてきた第一期。
 他のガンダムもリミットブレイクするのかに期待を寄せつつ、今回はこんなところで|λ、、、、、

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/294-c1a48e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダム00 3 世界は今、ガンダムを捕獲対象ではなく殲滅すべき相手として見ている。世界統合軍の圧倒的な攻撃の前に、トリニティすら防戦一方に追いやられている。状況は圧倒的に不利。しかし刹那の瞳は、まだ輝きを失ってはいなかった……。
2008/03/12(水) 16:47:18 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。