川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 第23話

 さて前回は

 これまで防戦一方だった各国連合は、擬似太陽炉搭載型MSによりトリニティの基地を襲撃。
 トリニティ達の上官であるラグナ=ハーヴェイも既に殺害され、追い詰められたトリニティはどこからか避難場所をかぎつけてきたアリー=アル=サーシェスの騙し打ち紛いの襲撃に遭う。
 トリニティはミハエルを失いスローネツヴァイを奪われヨハンをも失い、あわや全滅というところで刹那が割り込む形で救出。
 同時期に、ヴェーダは完全に掌握されてしまったことで、イオニア=シュヘンベルクが太陽炉に隠していた機能を起動。
 その爆発的な機能向上に助けられ、刹那はアリーの撃退に成功する。

 というところまで。


 真っ赤になったら性能3倍なんてどこの彗星専用ですk(ry

 ( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで今回の話。
 
 イオニア=シュヘンベルク普通に殺されてるし(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 
 コレまでに出てきてた彼の映像は全て計画段階で必要になる部分をあらかじめ用意していただけだったんですのぅ。
 当人は計画を見届けるためか、とっくの昔に延命のためかコールドスリープに入っていたと。
 
 しかしこうなってくるとトリニティの出現や、リボンズやアレハンドロの登場等は誤差範囲内だったかもしれないものの、ソレスタルビーイングの計画からは外れていた、ということなんですかねぇ。
 まぁ、人間が計画するものに絶対とか確実とかはないものですが、物凄い下準備の末に計画を開始したと思ったらリボンズという想定外の要因+アレハンドロという野心家に横取りされる。
 わりと詰めが甘かった、ということなんでしょうかね。
 それともコレも含めて全部まだ計画の範囲内なのですかね( つω⊂)

 まぁ、コレまでの経緯からあまり深く考えすぎても空振りするだけのような気もしてきましたがw

 それにしてもトランザムシステム。
 GN粒子の濃縮化によって一時期的に全機能を3倍に向上させるってのは、なんとなく動力への負担だけでなく無理やり機能を引き出される各部品にも結構な負担があるんじゃないかなぁ、と思ったりもしたり。
 GN粒子に関しては半永久精製機関の太陽炉があるから時間さえかければ供給できるとして、ソレスタルビーイングをアレハンドロに掌握されてしまった現状、部品のスペアとかはどこから持ってくることになるのか不明瞭で不安材料な気がしますが、そこはまだワン=リューミンとかの組織が用立ててくれたりするんですかね。
 ひそかに何処からかGNアーマーとか新兵器もってきたりしていたし。

 そういえば何処で開発してるんだろうああいうの(;´д`)

 そしてロックオンさん死亡ですよ(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 

 ガンダムマイスター唯一の良心が_| ̄|○!|||!
 これから誰が刹那やアレルヤの暴走を止めるんだっ、いやマジで(;´д`)
 アリーもああいう曖昧な吹き飛び方をしていた以上どうせ生きているんだろうし…w
 残り少ない今期での登場が残っているかはわかりませんが( つω⊂)

 そういえば擬似太陽炉搭載MSの数が増えてましたね。
 最初20機程度だったはずなのに今回は26機。
 提供されていた擬似太陽炉の数に対してMSの生産が間に合ってなかっただけなのか、パイロットの選定が終わってなかっただけなのか、はたまた新しく製造できるようになっちゃったのか。
 ともあれこれだけの擬似太陽炉とMSを作らせてソレスタルビーイングを壊滅させた後は、どうせヴァーチェに搭載されていた太陽炉を緊急停止させるシステムを使って使えなくするつもりなんでしょうね、アレハンドロはw
 そしてまた世界が元の鞘に納まった後は、今度は自分の意志で動くソレスタルビーイングを結成させて介入させては解体させて、世界の紛争をコントロールするって腹積もりなんだとは思うわけですが……なんだかよくわかりませんね(;´д`)

 わからないといえばリボンズ。
 結局イオニア=シュヘンベルクでもないとしたら何者なんですかね、アレw
 ヴェーダの居場所を特定したりハッキングしたり、とりあえずそういう才能の持ち主でした、では収まりませんよねぇ。
 それで収めるのかもしれませんけど( つω⊂)

 まぁ、色々話が進んでもやっぱり不可解の残るガンダムですが、最終的にコレが面白い話で終わるのか、あんまりよくわからなかった、どちらで終わるのかを視聴者の理解力で決めさせるのか、作り手の見せ方で決めるのか。はたまた両方5分5分でバランスを取るのか。
 残り数話の第一期ではわかるはずもないので、この結果については第二期が始まる10月から来年の今頃ってことになりますか。その頃には大半忘れてそうだ( つω⊂)
 

 まぁ、今のところはわりと面白い感じがするので良いのですがw

 さて、次回はロックオンを失ってますます追い詰められるプトレマイオス。
 そういえばトレミーってよく言ってるけどあれは学者のプトレマイオスの別の呼び方らしいですよっ。

 ではまぁ、遅すぎる豆知識を交え(?)つつ今回はこんなところで|λ、、、、、、 


 








 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/295-492b93d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。