川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス反逆のルルーシュR2 第11話
 さて前回は

 中華連邦とブリタニアの結婚式へと乱入し、天子を奪取したルルーシュは、シンクーを加えた中華連邦の追撃隊と激突。
 ナイトメアフレームの性能と操縦能力において圧倒的な実力を発揮するシンクーに、燃料不足をおして出撃したカレンを紅蓮二式ごと捕らえられ、反撃か逃走かの二者択一選ばされることとなる。
 指揮官としての冷徹さを切り、救出のため反撃に出るルルーシュだが、ナイトメアフレーム戦だけでなく地の利を完全にいかした戦術においてもシンクーに一歩及ばず、結局は撤退を余儀なくされてしまう。
 完全に追い詰められ、中華連邦の王墓へ立て込むが、そこへ更にブリタニアの追討戦力が投入される。
 そして用済みとされたシンクー達へも中華連邦の攻撃が始まる。

 というところまで。


 なんだかルルーシュの性格がここのところかなりの速度で変化して行ってる気がするのですが、妹の兄離れからのショックが脳に妙な影響でも与えているのでしょうか( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで今回のお話。
 咲世子さんキタ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ヨ!!!!!

 いやいや、まさか本当にあんな変装というか変身能力持ってるとかどうなんですか( つω⊂)
 
 咲世子さん前から何だか忍者みたいな雰囲気を出していましたが、そのうち本当に忍者装束でも着込んできて火でも噴きかねませんねこれ( つω⊂)

 とりあえず今回のルルーシュは前期と違って私生活面でもひたすら周囲の人材に助けられているわけですが、前期は正体を隠し通して、今回は正体がある程度の身内にばれているせいなんでしょうが、これって製作者側としてはどうしても学園生活を描きたいから、のような気がしないもでありません( つω⊂)

 まぁ、常にゼロとして黒の騎士団だけにスポットが当てられる話でも良かった気がしないでもないですが、それだとミレイ会長はともかくシャーリーなど学園の友人連が咲世子さんよりも影が薄くなってしまうのですが(ノ∀`)

 しかしこのまま記憶が戻っていないフリをしながら、という明らかにバレバレなはずの状況を続けるって無理がある気もしますが。
 まぁナナリーから離れたルルーシュの今度の目標は自分も含めて平穏な学生生活にいずれ戻ってくるってことなんですかね( つω⊂)

 まぁ、それはさておいて、インドからの支援でどんどん増強されてる黒の騎士団の軍備ですが、まさかC.C.専用機まであるとは(*゚ω゚);';,*'.+ブッ 
 ガウェインの時はわりと無理して乗っているような感じを受けてましたが、どうもC.C.ったらいつの間にかナイトメアフレーム戦をしっかりこなすようにまでなってるじゃないですか( つω⊂)

 これで戦力としてカウントされない主要人物は玉置とルルーシュだけかぁ、とか思っていたらガウェインを流用して作ったらしき性能だけのナイトメアフレームに乗ってルルーシュ颯爽と登場ですよΣ( つω⊂)

 玉置……(´;ω;`)ブワッ

 まぁ、相変わらずルルーシュは機体の性能に守られているってだけで、実際のところ派手な戦闘とか難しい操縦とかは一切してないわけですがw

 とりあえずそんなこんなで中華連邦の人民にクーデターを起こさせたりさりげなくシンクーと天子を救出して恩をうったり色々とマメなルルーシュ。
 とりあえず中華連邦を合衆国日本側につかせるために天子を日本人の誰かと結婚とかディートハルトの空気よめない発言におもいきり同意して考えを進めているあたり、天子とシンクーの関係とか考えるとまたクーデーター起こされかねないとかまったく頭に入っていないという( つω⊂)
 ルルーシュのキャラがよくわかりません( つω⊂)

 まぁ、あそこで玉置と結婚なんて選択してたらきっと簀巻きにされて海にほうり落とされてても文句いえな(ry

 そしてよもやそんな秤にかけられてるとは露にも思わない玉置さんは、シンクーと天子の関係よりもルルーシュの眼中にないという……それでこそ玉置(´;ω;`)

 そしてまぁ、学園でルルーシュのフリをする咲世子さんは咲世子さんでシャーリーにとんでもないことしでかしちゃってるっぽいのに重要事項でもなんでもないとか報告するし。
 この作品はとりあえず空気読めない読んでもらえない人がとことん増加してますかっ。
 まぁ、きっと詳細事項として書類の中に報告はされてるんでしょうが、きっとルルーシュはまだ読んでないんだろうなぁw

 次週が色々な意味で楽しみです( つω⊂)

 まぁ、そんなこんなで今回はこんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/307-5b7dba8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。