川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灼眼のシャナ 第20話
 何か忘れているなーとか思っていたら先週の灼眼のシャナ見るのを忘れてましたorz
 道理でなんか教授の出番終わっているわけですよ…トホホ。
 まあそんな教授の名シーンは月曜日15時までにストリーミングサイトにて配信されているわけなのでそれまでに見れば安心なわけですが。
 ……気づいた時には時間的余裕がっ!?Σ( ̄□ ̄;;;)

 まあそんな管理人のうっかりっぷりは兎も角感想です。

 前回で教授編は円満のうちに解決。ヴィルヘルミナ=カルメルの登場まであったようで、今回はヴィルヘルミナと、原作でアラストールを乗りこえて最強説まで上がっている母こと千草の対決でしたーよ。
 とりあえず何故かずっとアラストールを「あらす とおる」さんだと信じて疑わない母・千草。ヴィルヘルミナにはどうくるのかと思っていましたら……普通に「ヴィルヘルミナ」!?Σ( ̄□ ̄;;)

 てっきりベタに古風なカタカナ語禁断症なのかと思っていいたら普通に呼ばわれましたよ。まぁ、カルメルの部分だけ微妙に「かるめる」さんとひらがな読みに聞こえましたがっ!!
 まぁ、原作でも普通に「ヴィルヘルミナ」とカタカナ表記だったので予想はしていましたが。
 となると彼女は別にカタカナ発音が頭の中にない古風系脳みそというわけではないということに。
 そうなってくるとますます私の中での「実は知っていてアラストールだけわざとあらすとおる呼ばわりして虐めている説」が膨らんできますよ。
 まぁ、これは永遠に解けない謎なのでしょうorz

 話と関係ないところで文字数使いまくってしまいましたがまあ他はマージョリーが旅立ってみたり、ヴィルヘルミナが悠二破壊に乗り出したりとそんな感じでしたね(ぉ

 しかしシャナの同意の下に悠二の破壊が展開されるとは思いもよりませんでした。とりあえず服着てないとこだけ原作に忠実ってどういうことですか監督っ!w

 ではまあ今回こんなところで|λ、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/31-66d9a9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 20 / 萌え評価 30 / 燃え評価 13 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 30 / お色気評価 33 / 総合評価 23レビュー数 65 件  悠二の頬に涙が流れた。それは、もう死んでいる自分に温かい体と心があると言われたから。生まれ育った温かな街を思い出したから。悠二の
2007/09/19(水) 19:32:14 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。