川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まどマギが終わったわけですが

 原発事故が原因で福島から引越ししてきた子どもをいじめる子どもが問題になってますね(´・ω・`)

 つうか、海外から見れば日本全体が同じように見られるんですが、そのことには1mmも頭が動かないんでしょうか。
 海外から「放射能まみれの日本人はうちにくるな」と拒否されることだってありうるってのによく身内同士でこんなことしてられるもんです┐(´・ω・`)┌ヤレヤレ
 主に最も近くて最も遠い倫理観を持つあの國とかあの國とか。

 無味無臭で有名な放射能の匂いがわかる人知を超えた超絶スキル持ってるんならいますぐこっちにきて放射能汚染度鑑定のために協力してくださいよーッ!┐(´・ω・`)┌

 まぁこのへんにしてアニメの感想へ。

 □魔法少女まどか☆マギカ 〜最終話

 さて1ヶ月程間をおいてようやく放送終了したまどマギですが、途中からもう主人公思いだせなくなtt(ry

 OPの歌詞といい最初からほむらが主人公やったんや…(´・ω・`)

 さて最後はまどかがQBと契約して「魔女というものをあらゆる因果から消し去って呪いの連鎖というシステムそのものをつぶす」ことで魔法少女が魔女となって続く連鎖を止めたわけですが、結局世界には代わりに魔獣という新しい脅威が満ちることになった、と虚淵さんらしい「解決したようで実際は何も解決してない」終わり方でした。
 まぁ、全てがすんなり解決するなんてのは逆に矛盾を残したりするのでこういった終わり方自体は嫌いではないのですが、やっぱりまどかが救われたという気になれないというか、個人的にはスッキリできなかったですのぅ。さやかは安定しすぎだ…(´・ω・`)

 
 んでまぁここからは個人的な考察?みたいなもんなのでそういうのがアレな人はアレしてアレになるのを避けてください。
 
 



 (´・ω・`)で、考察ですが

 先ずそもそも魔獣ってなんなのん、ってことですが、SFモノだとたまに出てくる言葉なんですが「時空の修正力」によって魔女の代わりに出てきた存在だと思われます。
 この修正力というのは「過去に戻って大きく歴史を変える行いをしても、どこかで似たような事件なり何かが起きて結局似たような歴史に戻されてしまう」というもので、今回のことにあてはめると

 まどかは「過去にも未来にも魔女は存在できない」ようにしてしまったので、このままでは歴史が大きく変わってしまうため、時空の修正力は「魔女の代わりに似たような性質を持つ魔獣」を作り出して変化を最小限にした。

 という感じになります(´・ω・`)
 おかげで魔法少女という存在は結局「死ぬまで戦い続ける」性質は変わらず、死に方と相手が変わるだけになった、というところですね(´・ω・`)

 そしてまぁこの魔獣、どうやら設定的に「歪んでグダグダになった世界のバランスを戻すためにグリーフシードを作って集めている」ことになっているので、結果的には時空の修正力そのものとも言えるようです。

 しかしここで疑問になるのが、「グリーフシードを集めると世界のバランスが修正される」らしいところ。
 グリーフシード自体は魔女も作っていたわけで、QBはいわば「魔獣よりも効率のいいエネルギー量産システム」つってたあたり魔女も性質的には世界のバランス修正という役割を持っていたと考えをスライドさせれるわけで。

 違う点といえば魔女はインキュベーターが人為的に作ったもので魔獣は修正力が作ったもの?というところですか。

 ここで生まれる疑問として、魔獣が生まれた原因としてはまどかが因果律に干渉して宇宙を歪めてしまったことが考えられるわけですが、ひょっとしたらQB達が「魔女を作る必要が出るほど宇宙がエネルギーを失った」というのも似たような理由なんじゃあないかと。

 ( ゚д゚)つまりインキュベーター達も過去に因果やら何やらに干渉してゆがめてしまう技術を使って発展なりなんなりしてしまったために宇宙の衰退が加速してしまい、困った彼らはその尻拭いをまどか達にやらせてたんじゃないかってことですね。

 何せ因果や法則に干渉すること自体は、まどかたち人間の感情を使って実際にやってるわけなので。
 おまけに人類が文明を発展させてきたのはこの因果や法則に干渉する技術を使ったためとQBも明言してるわけで。
 
 その開発者のインキュベーター達がこの技術を自分たちのために少しも使ってないなんてことはありえないですよね…( ゚д゚)
 そもそも「感情がないとできない」つってますが、「莫大なエネルギーを生み出して宇宙に注ぎ込むことはできない」つってるだけで、因果や法則に干渉する技術自体を本当に完全に使えない、なんてのは言ってないわけですからね。
 作中ほどじゃない小規模な使い方を繰り返してたんじゃあないかと推測(´・ω・`)

 考えれば考えるほどにQB達がすげぇド外道な推測ばかりたっていきますね。さすがだぜ(´・ω・`)


 後、ワルプルギスの夜ってやつですが、連れてた手下が公式に乗ってる絵と、まどマギの最後に出てきた歴代魔法少女のモノらしきシルエットと一致しちゃってるので、これまでの魔法少女が魔女に変わるか魔女になった後、退治されるかすることで集合したモノがワルプルギスの夜っぽいっすね。
 魔法少女が生まれるたびに、魔女が消えるたびに強くなるんじゃ勝てるわけないっすね(´・ω・`)
 結局アレも、「魔法少女にならなければ本来ありえた因果」が消えたことによって生まれた歪みのしわよせ的位置づけだったんでしょの。

 魔女ってのも、「本来ありえた因果」を丸ごと消し去って生まれた空洞に、人間の代わりに置いておくことで宇宙をごまかして強力な修正力がやってくるのを先送りにするための身代わり人形だったのかもしれませんね(´・ω・`)

 なので、魔女を消せば消すほど歪みが大きくなってそれを修正しようとする力がより強大な、空洞を埋めるモノを必要として、ワルプルギスの夜になっていったんじゃないかと推測。


 (´・ω・`)まぁ全部QBのせいで説明できる!(何


 そしてまぁ最後の最後のシーン、各所で考察されてますが、ほむらはなんかグロイエネルギーに侵食されて周辺全部飲み込んで終了しましたが、魔法少女が死ぬ時にしか出てこないようになったまどかの声が直前にしてたので、あれはもう寿命が近かったってことなんでしょのぅ。
 つまりあの戦いの後ほむらも死んで、世界終了。
 魔法少女の物語はこれにて終わり、ってことで幕。

 考えるほどなんかこうやるせねぇっすね(´>・ω・)>

 まぁ強烈なインパクトのある作品でした。ハイ。 

 ( ゚д゚)…今回まどか特集になったな。

 長くなりすぎたので今回はここらで。他のアニメの感想もそのうちまぁやるかもしれないしやらないかもしれません(何

 |λ、、、、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
熱いなぁ(シミジミ
この情熱を仕事や社会の役にたt(ry・・・
まぁ、それが出来たら、ここにいないような気もしますが(w
(´(・)`)クマッタモンダ
2011/04/30(土) 12:29:00 | URL | (´(・)`) #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/364-2a7d1802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。