川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLACKCAT 第19話
 さて前回から掃除屋同盟とともにクロノナンバーズも乗り込んでの対星の使徒大決戦。
 リオンvsイヴの白熱しまくった対決に比べてマロはものっそい小物っぽくあっさり決着ついたりしていました。
 そして今回はセフィリアとクリードの直接対決。
 残りの星の使途との対決も、、、のはずだったんですが、なんだかここからもう既にアニメオリジナル要素が(もう充分なまでに原作とは違ってたりするわけですが)始まっていたようです。

 まぁ笑ってしまったのはドクターの作り出したサイボーグタイプの星の使徒兵士2人。
 原作ではわりかし苦戦していたはずなんですが、戦闘どころか自己紹介の描写すらしてもらえてませんでしたよ(ノ∀`)タハー
 彼ら、人間としての肉体を失ってまで強さを手に入れたのに、これはあんまりにもあんまりです(笑)

 そしてクリード。自慢のイマジンブレードを振り回してセフィリアやトレインを圧倒していたわけですが、残り話数の都合のせいか説明という説明、演出という演出を必要外全てはしょられたおかげで、折角の最終形態もいつのまにやら変な形になってるじゃないの、という感じでした(ノ∀`;)
 なにがなんだか。

 で、どういう原理かは知りませんがハーディスで撃ち出すと打ち込まれたものはそれがなんであれ分子レベルにまで破壊するオリハルコンの弾丸。その触れ込みどおり、同じオリハルコンであるセフィリアのレイピアですら破壊しちゃってましたが、あれ下手すればセフィリアが分子分解されちゃってたんじゃないかってくらい危うい角度でしたが弾丸はレイピアでストップ。
 さすがはオリハルコン製レイピア、ということなのでしょうか。


 そしてまぁ、今回でクリードはトレインに命を助けられたショックか何かで精神崩壊を起こしイマジンブレードを失って終了したわけですが、そういやドクターとかシキはどうしたー、とか思っていたらなにやらクロノスのじいさまと組んでるしΣ( ̄□ ̄ノ)ノ
 ここから完全にオリジナル展開。次回がどうなるか、予想できません。

 ではまあ今回そんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クリード戦みじかっ!
先週くらいから何をそんなに急いでるんだろうとか思うくらいに展開が速かったけど、そうかオリジナルが入るんですね・・・。
でも、あの過去なのかなんなのかわからんオリジナルの話さえなければもちっとクリード戦ちゃんとできたのになぁと思ってしまいますわな。
まあ、これから始まるオリジナルに期待といったところかなぁ
2006/03/12(日) 23:06:47 | URL | メル #-[ 編集]
 滅茶苦茶短かったですな(ノ∀`)
 もう少し演出に時間さけたろうに、それを縮めてまで入れたあのオリジナルストーリー、ひょっとしたらこの後のオリジナル展開に深く関わったりするのかも。
 まぁ、どうなるか楽しみですやね(ノ∀`)
2006/03/13(月) 02:36:08 | URL | あらき #97Hp0aE.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/43-c279e9d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。