川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第25話
 動物園と呼ばれる場所にてソロモンと邂逅し、更にやってきたディーヴァとの邂逅も果たすものの、その力遥かに及ばず、血を吸わずにきた反動も現れ敗退を喫し、あわや命を奪われるすんでのところでハジの乱入、更にはディーヴァの余裕からからくも生き延びたものの、先に血を吸われてしまったリクを助けるために、かつてハジをシュバリエに変えてしまった自らの血を『血分け』をしてしまうことに…。

 というのが前回まで。

 今回はそんなリクの経過を見つつ『赤い盾』について説明されたお話でした。

 で、まぁ『赤い盾』に収監されたリクですが、血分け直後の恐慌状態とは裏腹にわりと落ち着いた容態だったわけですが、ここでも副官的役割を担うコリンズの暗黒面というか冷酷面がでておりましたねぇ。
 なんだか実験台にする人間をデクと呼んでいたア○バ様を思い起こさせます。
 ……すいませんネタが古いですねorz

 で、ここでデヴィットという名前もジョエルと同じく継承性のものであることが判明。しかも前継承者は父親。
 これでようやく映画版BLOODのデヴィットに比べて今作のデヴィットが別人にしか見えない理由が分かりましたよ。完全に別人だったんですね……。
 って、前作のデヴィットさん殺されちゃったのっ!?∑(゚д゚|||)

 あれだけ映画版でも小夜をサポートしていたというのに・・・・・・哀れ(_人_;)

 そして謝花真央達、第三者サイドから小夜達を追いかける二人もとうとうすぐそばまで追いついてきたようで、今回は動物園惨劇跡にまで辿り着いてきていました。
 まぁ、しかし真夜中にアレだけの血痕を目にさせられては通常の女子高生ではあんな反応でしょう。隠し持っている銃を抜き放っていた辺りはちょっと手馴れているような気がしないでもなかったですが。
 ・・・・・・どういう日常生活送っているんだ彼女は。

 そして今回はジュリアとデヴィットの絡みはなし。微妙に残念とか思っていたらルイスがものっそい粋な男たる一面を・・・・・・。
 侮れません、或る意味変人揃いの『赤い盾』で数少ない良心です。
 エリザベータさんは死んじゃったしorz

 とまあそんなこんなで新しい日本刀(ジョージ付)に、リクが目覚めて終わった今回。いよいよ後半戦始動といったところではないでしょうか。
 とか思っていたら次回はどうやらまたあの吸血鬼集団の襲撃があるようです。ここから戦闘も更に増えていく予感です。

 ではまあ今回ここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/55-c639215f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 8 / 萌え評価 35 / 燃え評価 14 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 43 / お色気評価 16 / 総合評価 22レビュー数 85 件 ディーヴァに襲われたリクを連れ、小夜たちは赤い盾の本部に入る。小夜の血を取り入れたことで一命をとりとめたものの、依然意識の戻らないリク
2007/10/26(金) 14:25:13 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。