川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第16話
 出番のなかった前回から、今回はロシアという新天地にて小夜たちのたび再会です。
 ロシアといえば今-49度を記録したりと強烈な寒波に襲われているとニュースで報道されていたりしますが、そうでなくとも普段から極寒の地。当然全員防寒具用意。ただカイはファッション重視なのか帽子なしというわりとリスキーな格好。あれでベトナムのときみたいに置いていかれたりしていたら今度は無事ですまなかったんじゃないだろうかとかTVの前で思ってましたーよ。
 まぁ、『赤い盾』の面々もさすがにそこまでは鬼ではなかったようで、今回はただの冗談で終わりました。

 ただまあ列車内でハジがチェロを演奏しまくって安眠妨害されるとか、結局役立たず間が拭えないというどことなく三枚目的な役回りは変わりませんでしたが。

 さて、そのロシアでの『赤い盾』メンバーも登場。
 新メンバー、エリザベータの顔を見た時に、ベトナム編で小夜の暴走によって命を落とした『赤い盾』女性メンバーを思い出したのは私だけでしょうか。「あぁ、この人もあの人みたいに犠牲になったりするんだろうなぁ」とか。
 まぁ、そんなこと考えてたら本当に犠牲になっちゃったわけですが( ̄□ ̄;;)
 登場回半分でリタイヤなんて、いくらなんでも早すぎですYO!
 あわれエリザベータさん(_人_;)
 他にも犠牲者が登場しつつ、リクがまたもやさらわれてしまったわけですが、今回の『赤い盾』メンバーにとっての焦点は、一体どこに翼手が潜んでいたのかもしくは作り出したのか、ってところでしょうか。
 次回辺りでその犯人はエリザベータということになりそうですが、まあ当然他に犯人はいるわけで。十中八九あのお婆さんでしょう。普通に怪しすぎましたし。

 さて、次回は翼手追撃。
 ハジも段々と喋るようになってきましたし、またちょっとづつ過去が明かされ始めたりするのでしょうか。
 ではまあ今回ここまで。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/6-e5a5a4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
BLOOD+(2)エリザベータさん、美人ですね。この人もやっぱり死んでしまうのでしょうか・・・。さて、いよいよ、今回から本格的にロシア編。まあ、2回続けて小休止のお話しが続いたのでここからはスタッフも気合を入れて作ってくれるでしょう。激しい戦闘もあるみたいです....
2006/01/31(火) 18:11:26 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 13 / 萌え評価 22 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 36 / お色気評価 52 / 総合評価 27レビュー数 74 件 小夜たち一行はウラジオストックに入り、ロシアの赤い盾のエージェント、エリザベータとともにシベリア鉄道に乗り込む。そこで待ち受けていたの
2007/11/16(金) 01:25:09 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。