川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第29話
 さて前回は真央やら記者が赤い盾に遂に接触。シフも攻めてきて大混乱に。
 そんな中、カイと接触して友人となったイレーヌがソーンに限界近くまで侵食されつつ現れました。

 個人的には是非ともイレーヌには助かってもらい、シフと小夜の共同戦線でもってディーヴァとそのシュバリエに対抗してもらいたいろか思いつつ今回の話に移るわけです。

 イレーヌ死んだぁあああああああああああ!!( Д ) ゚ ゚

 いきなりですよ、冒頭からこれですよorz
 いやまあ、ディーヴァの血から生まれたのが彼らなら、小夜の血なんか飲んだらバラバラに砕け散って死ぬんじゃないかとか前回の感想で書きましたが、それでもちょーっとは期待していたわけですよ。

 完膚なきまでに砕かれちまったぜ_| ̄|○!|||!

 まあそんなわけでもうなんつうか別れの言葉すら無しにあっさり石像と化して砕け散ってしまったイレーヌですが、他の翼手のように粉々に散ったりしないで中途半端に残ってたりする分、余計に怖いですよ監督orz

 そして結局シフとは組まずに離れ離れ。
 ふと思ったんですが、彼等はディーヴァの血から生まれたわけですから、ディーヴァの血で作られた翼手製造薬品『D67』を飲めば助からないまでも寿命を延ばすことができそうな気がするわけで。
 ……ひょっとしたら彼らの求めるべき救世主はヴァンなのかもしれない(ぉ

 で、まあ結局陣営強化には至らなかった小夜側を引き離すように独走態勢に入るディーヴァ陣営。
 遂にカールがなんだか完全体みたいになっちゃってましたーよ。
 この差を一体どうやって埋めるんでしょうねぇ……リクじゃあ先ず無理だなorz

 次回はジョエルの日記の内容が明らかに……?

 ではまあ今回ここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/70-0537ffa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 19 / 萌え評価 28 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 65 / お色気評価 46 / 総合評価 31レビュー数 94 件 ソーンが進行し、倒れてしまったイレーヌ救うため、彼女に血を与えてくれ、とカイは小夜に懇願する。小夜は困惑するが、血を与えようとする。一方
2007/10/16(火) 16:19:02 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。