川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うたわれるもの 第5話
 トゥスクルが領主の兵士の一人によって斬り殺されてしまったのをきっかけに、新たにハクオロを村長に据えて反旗を翻し、領主を殺してしまったのが前回まで。

 今回はハクオロが危惧していたように国主が動き出すお話。

 いやはやこのままOPのように戦乱へと突入していくのでしょうなぁ。
 で、今回の話の中心といえばやっぱりヨゴレ役全開なエルルゥ……もそうなんですが急激な成長果たしちゃっているムックルでしょうか。
 元々が森の主と呼ばれていた神獣の一族であるだけあって成長が早い早い。

 今回の冒頭で出てきただけでもちょっとした大型犬以上のサイズはあったというのに、夜にちょっと食料庫の中身をつまみ食いしただけでうし○ととらにでも出てきそうな勢いの大型サイズにΣ( ̄□ ̄;;)
 やたらにお腹が空いたとアルルゥにせっついていたのは成長期だったからなんですね!(何

 まあしかしアルルゥに育てられただけあって、その獰猛そうな姿とは裏腹にかつての森の主ムティカパのような威厳は全くなくなっているどころか、アルルゥを叱るエルルゥを威嚇しようとして一睨みで黙らされてしまうというヘタレっぷり(笑)
 なんというかこういうコミカルな笑いは大好きです(ノ∀`)

 まあしかしそんなムックルもすっかり忘れていましたが水さえなければ剣も槍も斧も通さない鋼の毛皮と人や建物をほうずきのように軽々と吹き飛ばす膂力の持ち主。
 ベナウィ率いる騎兵隊をアルルゥ乗せたままで圧倒するという格好よさ。
 とりあえずアルルゥは何故にムックルの上に乗っているのか。弱点さらけ出しすぎです(ノ∀`)タハー

 まあしかしあれですね、前回死亡したササンテの兄にして国主インカラも口癖は「にゃも」なんですなw
 ササンテの息子ヌワンギにまであの口癖がうつってなくてよかったなーというかなんというか……w

 まあそんなこんなで国主側の侍大将にヌワンギが就任したりベナウィがインカラに対して義憤を抱き始めたりしているので次回辺りにまたハクオロ陣営に変化が起こりそうな兆しです。
 
 カルラはいつでるのか!ヽ(`Д´)ノ

 ではまあ今回ここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/71-97a203bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。