川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼宮ハルヒの憂鬱 第6話
 遂に古泉一樹もメンバーに加わり、SOS団全員出揃い、それぞれの素性も発覚し、いよいよストーリーの核心へと猛進かっ、と思いきやの道外れ。
 まぁ、このアニメに関してはいきなり話が右へ左へそれるのはいつものことになってしまっているので肩透かしを食らった気分にはなるものの、まあ大丈夫でせう。

 とりあえず

 ・長門ユキ = 宇宙人
 ・朝比奈みくる = 未来人
 ・古泉一樹 = 超能力者

 ・涼宮ハルヒ = その無意識部分の思考が周囲の環境にえげつないほど影響を与えちゃう人だが自覚なし。

 ということだけメモりつつ忘れないようにしておけば問題なし。
 あ、そういえばハルヒのEDですが、ダッシュで店に見に行ったものの売り切れていて手に入りませんでした。
 予約しておけばよかったorz

 まあそんなこんなはおいておいて今回のお話。


 今回はSOS団合宿、ミステリーツアーなお話。

 にしてもあれですな、この涼宮ハルヒってキャラはわがままで猪突猛進なわけですが、その分趣味思考が分かりやいため乗せやすくて扱いやすい、どこか微妙に愛嬌のあるキャラだなーと思うわけで。
 最初の頃の文武両断的高慢なキャラが薄れてきて実にいい感じです。

 しかしその代わりにというかなんというか、その彼女をうまく乗せていく古泉がどんどん腹黒いキャラに見えてきてしまったりするわけで……まあ実際結構黒い人っぽいですがw
 
 まあしかしキョンの妹のやっていたボストンバッグに入り込んで紛れ込む作戦。これって犬猫でもない限り成功する見込みはかなーり薄い作戦なわけですが、成功したらしたで当人にものっそい迷惑をかける作戦ですやなぁw
 なにせ下手をしたら必需品全般を家に置いてけぼりで過ごさないといけないわけですから。実に恐ろしい作戦です。
 似たようなネタに弁当食べようと鞄開けたら弁当全部食い尽くされて代りに人が入っていた、というのがありますが、やっぱりどっちも洒落に成りません……w

 で、肝心のミステリーツアー。
 なんとなく登場人物の立ち絵の下らへんに名前と役柄が表示される辺りどこぞの子ども探偵アニメを髣髴とさせるなぁ、とかその微妙に細かいところで一人ニヤニヤとしてしまっていたわけなんですが、なんつーかしっかりくっきり嵐が巻き起こり脱出不能になり、更には殺人事件が発生。
 いよいよ以ってミステリーアニメの風情をかもし出してきていたわけなんですが、何故だか次回はそんな話の解決編もやらずに別のお話へ。

 いやいやいやいやいやいや監督。
 今まではまだ要所要所に散発的に短編話を入れてっているだけと納得もしていましたが解決もさせずに単発話すら完結させずにほったらかしで違う話に行くとはΣ( ̄□ ̄;;;;)

 いやはやなんとも独創的というにもやりすぎな感じが微妙にしたりなんかしたりして……大丈夫なんですかね、これは(ノ∀`)タハー

 まあそんなこんなで次回は長門ユキ活躍のお話。
 では今回こんなところで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/76-70f21935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。