川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ 第32話
 イレーヌの死やら何やらで落ち込みつくしていたカイを小夜やリク、ハジが励まして歩いていた裏でコリンズ教授が「赤い盾」を裏切り、ジュリアとともにヴァン=アルジャーノンの元へ渡っていたのが前回まで。

 今回はディーヴァがシュバリエ達を置いて、カールだけを連れて「赤い盾」本部に襲撃をかけたところから。

 まあこのBLOOD+というお話。イレーヌの死やら仲間斬殺やらヌイが半分翼手となって狂乱したりと、まあ救いなんてものとはかなーり遠くにあるお話だなーとは思っていたのですよ。ええ。

 でもね、

 リクがああああああああああああああっ!?Σ( ̄□ ̄;;;;;;)


 まさかあんなにあっさりリクが殺されるとまでは思ってもみませんでしたーよorz
 結局リクの翼手の声が聞こえる秘密はどうなってしまったんでしょうか。
 もうね、画面の前で大声で叫びそうになりましたよorzorzorz


 まさかディーヴァに襲われた後、小夜達が辿り着いた先で待っていたのがもう完全に石膏像化したリクとは……。始めそれが何かぜんぜん分かりませんでしたよ全くもってorz
 あれですね、今回の死亡は前回カイが「全部終わったら3人で沖縄へ……」とか口走って死亡フラグ立てちゃったんですかね。

 後ディーヴァ、リクに血を分ける前に服脱いでましたね。
 これはなんだろなぁ、とか思ってたわけですが、石膏像になったリクをよく見ると、なんか服着てないんですけどっ!!Σ( ̄□ ̄;;;)

 何したディーヴァァアアアアアアアアアアアアアアア(色々な意味で)

 哀れリク。シュバリエになった後でも最後まで食い物にされる役回りで終わるとは(色々な意味で)


 そんなこんなで次回はそれから1年時間が流れたお話。
 って、1年もディーヴァ野放しって、よく世界滅ばなかったなぁ……カイもなんだか美形になってるし。

 ではまあ今回ここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/81-79f6c711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 15 / 萌え評価 18 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 72 / お色気評価 34 / 総合評価 28レビュー数 100 件 ディーヴァとカールの攻撃により、赤い盾本部は大混乱に陥っていた。次々と破壊される船内の壁、床、そして黒服たちの屍……。破壊攻撃を繰り返
2007/10/13(土) 17:26:50 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。