川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うたわれるもの 第9話
 ハクオロが政丞となり、新国家トゥスクルを立ち上げてから、調停者と名乗る国から使者としてウルトリィと、おまけでカミュもついてきて色々あったものの友好関係を築けたのが前回。

 今回は次回予告どおり不穏な話の幕開けでした。

 そういえばOPの夢想歌がオリコンの60位辺りにいましたーよ。
 会員でないので詳しいデータは見れませんが、今までも実は20位とかにいたんですなぁ。
 最近のアニソン強し。
 
 それはともかく今回のお話。
 今回は新国家樹立したということで早速古くからの巨大国家に因縁をつけられた感じだったようで。
 とりあえずまだまだ若輩の新国家の状態で、喧嘩を売られたからといってあっさり切り捨てて返そうとしたオボロ見て元寇の時の日本を思い出したわけですが。
 まぁ、さすがにハクオロは元寇時の徳川将軍とは違うようで、一応は歓待して穏便に済ましつつ、臨戦態勢を整えておくという慎重っぷり。
 賢王って感じがびしびししとります。

 にしてもハクオロの使った薬の禁忌。
 私はてっきり毒薬かと思ったりしたわけですがまさかニトログリセリン級の爆薬とは(ノ∀`)タハー
 昔の爆薬もエジソンが黒火薬調合するまでは少しの振動で爆発するよーな使い勝手の悪い代物だったという話だったと思いますが、ハクオロが使ったのはそれだったんですかね。
 まあともあれトゥスクルもエルルゥにどんなものか教えなかったあたり、実際自分で試してみたんじゃーないかと思ったりしたわけなんですが、あの威力ならそりゃーまあ内容教えたくなくなるのも分かりますが、エルルゥが好奇心に負けて試すようなタイプだったら爆死もありえたわけで、どういうものかくらいは教えとくべきだったんじゃないかと思ったりしたり。
 まぁ、もしそんなタイプなら調合法すら教えてない気もしますが(ノ∀`)タハー

 で、今回攻めてきた国の王様ユエ。
 ご老人なのにオボロをあっさり吹き飛ばして無力化するほどの武人。
 この世界はどうも強さのランクが天井知らずのようです。
 オボロって確か修行して一応はベナウィと同列近い感じにはなっているはずで、となるとハクオロの戦力にユエを抑えれる人間がいないということに成るわけで。
 この世界強いものは兵士数十人に囲まれても突破するようなトンでも世界なので、実質ユエが単騎駆けとかしてきたらあっさりまたハクオロとの一騎打ちになりかねない気がします。

 
 これの原作、今度PS2で出るようですがどうもシミュレーションRPGっぽいようで。
 やっぱり最強ユニットはムックル+アルルゥなんでしょうか(ぉ


 で、次回は大国に対抗するために傭兵集めをするというお話でしょうか。
 ようやくOPでハリセンっぽい武器振り回して兵士吹き飛ばす怪力娘、カルラの登場のようです。
 この分だともう一人の傭兵、トウカの出番はいつになるのかっ。

 ではまあ今回はここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/85-8c23ff74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。