川沿私信
見たアニメや小説(ライトノベル)などの感想を徒然と更新していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼宮ハルヒの憂鬱 第9話
 
 さてこの監督、毎回毎回冒険が大好きな監督だなーとか、超監督が涼宮ハルヒということで好き勝手風味にやってるんですよ的な感じだなーとか、言ってたわけですが、まさか往年の迷作エヴァン○リオンでみたよーな演出までされるとは夢にも思いませんでしたーよ。
 延々と長門が無言で本読んで、その間に流れ続けるのはラジオか喧騒かよく分からない喚き声。
 いつまで続くのか画面前でジーッと待っているうちに首が痛くなるかと思いましたよ(ノ∀`)タハー

 まあしかし相変わらずキョンとみくる絡みの後にくるハルヒの反応が分かりやすいッ。
 すっかり暴虐系ツンデレキャラとして個性を確立しております。
 この中では古泉がなんだか妙に影が薄い気がしますが、まあ実際にかげ薄いししょうがないのでしょう(ぉ

 でまあ次回はようやく憂鬱シリーズの4回目。
 気づけば古泉の正体が超能力者で、みくるが未来人、長門ユキが宇宙人と明かされただけですよ、まだ。
 肝心のハルヒがどの程度の存在なのかについてはまだほぼ触れられていないも同然と。
 まだ中盤も良いとこだというこの事実。
 妙に長く感じたのは確実に監督のせいです。ええ。

 ではまあ今回はここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riverblog.blog47.fc2.com/tb.php/86-27f02075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。